Logo sec

抹茶風味の菓子が続々 訪日外国人の土産としても人気

2016/06/16
201606161312_1.jpg

抹茶風味の菓子が続々と登場している。訪日外国人の土産としても人気だ。ふんわり泡立てた抹茶をイメージしたチョコレートや、ビスケット、クッキーなど種類も豊富だ。

ロッテのチョコレート「霧の浮舟〈ふんわり泡立て抹茶〉」は、空気を含ませており、口に入れたときに、ふわっと消えるような不思議な食感が特徴。淡い緑色の板状のチョコで、泡立てた抹茶のような香りと爽やかな甘さ、軽やかな口溶けを楽しめる。1枚入りで店頭想定価格は130円前後。

201606161323_1-300x0.jpg
森永製菓のビスケット「オトナパックンチョ〈濃い抹茶〉」は、ロングセラー「パックンチョ」シリーズの大人向け商品。さくっとした食感のココアビスケットの中に、宇治抹茶を使用した濃厚なクリームを入れた。抹茶の渋味とまろやかな味わいを出した。持ち運びに便利なチャック付きのスタンドパウチのパッケージを採用。1袋44グラム入りで希望小売価格は158円。

201606161323_2.jpg
江崎グリコのクッキー「シャルウィ?エクセレント」シリーズの「茶葉が薫る濃厚抹茶クッキー〈たっぷりマカダミア〉」は、宇治抹茶の香りや深みのある味わいと大粒のマカダミアを組み合わせた。「シャルウィ?」シリーズの通常商品は1枚の厚さが 1センチだが、エクセレントは 1.4センチ。 1箱 7枚入りで店頭想定価格は410円前後。

あわせて読む

みやげ

もっと見る
「みやげ」の記事をもっと見る

流通業

もっと見る
「流通業」の記事をもっと見る