Logo sec

旅行収支は786億円、前年同月より黒字幅縮小 2016年11月の国際収支

2017/01/13

財務省が1月12日発表した2016年11月の国際収支(速報)によると、海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支は1兆4155億円の黒字だった。黒字は29カ月連続。黒字幅は前年同月比で3095億円拡大した。原油価格の下落で輸入額が縮小し、貿易収支が黒字に転化したことが寄与した。

経常収支は1.4兆円 29カ月連続の黒字、貿易収支が改善

輸出から輸入を差し引いた貿易収支は3134億円で、前年同月(3041億円の赤字)から大幅に改善。輸出は自動車部品などが好調で0.8%減の5兆8904億円となり、15年9月以降で最少の減少率となった。

一方、輸入は円高の影響で原油などの輸入額が減少し10.7%減の5兆5770億円。円高による輸入額の落ち込みが輸出を大きく上回った。

また、訪日外国人が国内で使う金額から、日本人が海外で支払う金額を差し引いた旅行収支は786億円で、前年同月(900億円)より黒字幅が縮小。訪日外国人旅行者数は13.8%増の187万5400人で11月として過去最高だったが、日本での中国人の個人消費が減少したことや、円高で日本人の海外旅行が増えたことも影響した。

海外投資からの収益動向を示す第1次所得収支は1兆2032億円の黒字だった。

あわせて読む

海外進出

もっと見る
「海外進出」の記事をもっと見る

訪日外国人旅行者数

もっと見る
「訪日外国人旅行者数」の記事をもっと見る

データ

もっと見る
「データ」の記事をもっと見る

アウトバウンド

もっと見る
「アウトバウンド」の記事をもっと見る