Logo sec

外国人観光客に24時間医療案内…大阪観光局が来年3月に無料コールセンター開設

2016/12/21

大阪観光局は20日、大阪府を訪れた外国人観光客に、観光と医療の情報を提供する無料のコールセンターを来年3月に開設すると発表した。医療案内は24時間態勢で対応し、急病人には医療機関を紹介する。

英・中・韓の3言語で対応

医療案内は、英語、中国語、韓国語の3言語で対応。利用者は、大阪観光局が提供する無料の「Wi-Fi(ワイファイ)」や観光案内所を経由し、コールセンターと通話。医療に関する知識がある通訳が症状などを聞き取り、外国語での診察が可能な病院や診療所の連絡先を教える。

観光案内の受付は、午前7時~午後11時。英語、韓国語、北京語、広東語、スペイン語、ポルトガル語、タイ語、日本語の8言語で問い合わせに応じる。

年間約100万人の利用を見込んでいる。今年、大阪を訪れた外国人観光客は900万人を突破する見通しで、溝畑宏・大阪観光局長は「激増する観光客に的確に対応することは、最重点課題」と話した。

あわせて読む

多言語対応

もっと見る
「多言語対応」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る

大阪府

もっと見る
「大阪府」の記事をもっと見る 「医療」の記事をもっと見る