Logo sec

VISIT東北が韓国人訪日客向け旅館予約サイト「TOHOKURO」開設

2016/12/13

訪日外国人観光客向けに東北地方の観光プロモーション事業などを手掛けるVISIT東北(本社・仙台市青葉区)は、韓国人旅行者向けの東北専門の旅館予約サイト「TOHOKURO(東北路)」をオープンさせた。東日本大震災以降、韓国から東北に旅行する観光客数は半減しており、サイトを通じて東北の魅力をアピール。韓国人旅行者の誘客を図る。

震災後、韓国人旅行者が半減…魅力アピール

201612131929_1.jpg「TOHOKURO」のサイトイメージ

「TOHOKURO」は、VISIT東北のほか、韓国で九州地方の旅館予約サイトを運営しているKyushuro(キュウシュウロ、本社・ソウル)、地域開発のコンサルティング事業を手掛けるアール・ピー・アイ(本社・東京都千代田区)の3社による共同事業で、復興庁が東北への外国人観光客の誘客に向けた民間の取り組みを支援する「『新しい東北』交流拡大モデル事業」の一つに選定されている。

サイトでは東北6県の豊富な温泉地や旅館、グルメ情報などを韓国語で紹介。気に入った旅館の宿泊予約ができる。「Kyushuro」が韓国市場で2004年から展開している九州の旅館予約サイト「KYUSHURO(九州路)」の東北版といえるサイトで、「KYUSHURO」が抱える約3万人の顧客ネットワークを生かし、韓国人旅行者を誘客する。

観光庁の調査によると、2015年の東北6県の訪日外国人観光客数は52万6000人泊(従業員10人以上の宿泊施設が対象)。東日本大震災前の10年に比べ、4.0%増加している。一方で、韓国人観光客数をみると、15年は5万9000人泊で、10年の12万5000人泊から大幅に減少している。韓国は震災のマイナスイメージが最も根強く残っている市場で、風評被害の払拭が大きな課題となっている。

VISIT東北では、今回のサイト開設を手始めに台湾や香港などの国々にも展開し、東北地域の交流人口の拡大を目指す。

あわせて読む

「旅館」の記事をもっと見る 「東北」の記事をもっと見る

パソナ

もっと見る
「パソナ」の記事をもっと見る