Logo sec

ハイアット、浦安に19年に新業態のホテル「プレイス 東京ベイ」開業 「セレクトサービス」を提供

2016/12/02

米ホテル大手のハイアット・ホテルズ(本社・イリノイ州)は、千葉県浦安市に新たなホテル「ハイアット プレイス 東京ベイ」を2019年に開業する。不動産開発事業を手がける相互物産(本社・東京都千代田区)の子会社が開発を進めるホテルの運営を受託する。

201612021956_1.jpg

※「ハイアット プレイス 東京ベイ」の完成イメージ図

「ハイアット プレイス」はハイアットが世界各地で展開しているブランドで、今回が日本初進出となる。

ホテルは地上10階、地下1階で、客室数は2つのスイートルームを含む365室。従来日本で展開してきた包括的なサービスと、客室に特化した限定的なサービスの中間にあたる新業態の「セレクトサービス」を提供するという。

過剰なサービス・施設を設けず、自分のスタイルを快適に維持できるような利便性の高い環境を求める顧客層ターゲットにしている。

24時間食事を提供する料飲施設やフィットネス施設などを備える。東京ディズニーリゾートに近く、入場客を取り込みに加え、ビジネスの利用など幅広く対応。1泊1室の平均的な価格は2万円台後半で検討している。

ハイアット系ホテルは日本全国に10カ所あり、19年までにこの東京ベイを含めて新たに6カ所で開業する予定という。

あわせて読む

ホテル

もっと見る
「ホテル」の記事をもっと見る

東京ディズニーリゾート

もっと見る
「東京ディズニーリゾート」の記事をもっと見る