Logo sec

千葉市が「おもてなしマップ」 ムスリムに飲食店など紹介

2016/11/21

千葉市は、戒律が厳しいイスラム教徒(ムスリム)の旅行客が安心して市内で滞在できるよう、イスラム教で禁じられている食材を使っていないレストランなどを紹介する「ムスリムおもてなしマップin千葉市」を作成した。約5000部作成し、市観光情報センターや市内ホテル、千葉大学などで配布している。

201611211817_1.jpg
同マップは、JR千葉駅周辺と海浜幕張駅周辺を詳しく紹介。礼拝用のマットがあるホテル計4軒、ムスリムでも利用できる飲食店計9軒などが掲載されている。

市観光プロモーション課によると、ビザ要件緩和やLCC(格安航空会社)就航などで、マレーシアやインドネシアなど東南アジアからのムスリム旅行者の増加が見込まれている。その一方で、ムスリムには日々の礼拝や豚や酒などの食品を食べてはいけないなど、守らなくてはならない戒律があるため、ムスリムが市内で安心して滞在できるようにと企画された。

 同課によると、同市には年間1万5000~2万人のムスリムの観光客が訪れているという。来年3月には新たにムスリムに対応した店舗などの情報を追加し、第2弾を作成する予定。同課は「千葉市の滞在を楽しんでもらいたい」と話している。
 

あわせて読む

ハラール

もっと見る
「ハラール」の記事をもっと見る

ムスリム

もっと見る
「ムスリム」の記事をもっと見る

飲食店

もっと見る
「飲食店」の記事をもっと見る

千葉県

もっと見る
「千葉県」の記事をもっと見る