Logo sec

温泉総選挙 城崎温泉「インバウンド部門」1位に 東京で25日表彰式

2016/11/16

温泉地の魅力を発信しようと、官民一体で初開催した「温泉総選挙2016」(主催・一般社団法人日本エンパワーメントコンソーシアム)の「インバウンド(外国人観光)部門」で、兵庫県豊岡市の城崎温泉が1位に選ばれた。表彰式は11月25日、東京都内で行われ、当日は環境大臣賞が決定する。


201611151513_1.jpg

※情緒ある街並みが広がる城崎温泉。温泉総選挙でインバウンド部門1位に選ばれた

参加対象は温泉地のある全国1434地方自治体。104自治体から125件の応募があり、リフレッシュ、ファミリー、うる肌、インバウンド、健康増進、女子旅、スポーツリハビリ、レジャーの8部門と、メディア賞8部門でそれぞれ審査が行われた。泉質の効能や自治体主催のPR活動、宿泊施設・商店街の取り組みなどを基に選定した。

城崎温泉は年間4万人近い訪日外国人が宿泊する人気スポットで、同温泉のある豊岡市では、宿泊予約ができる英語版のホームぺージを作成するなど積極的な誘致活動を展開している。インバウンド部門の2位は大歩危祖谷温泉(徳島県三好市)、3位は湯田中渋温泉(長野県山ノ内町)、4位は阿寒湖温泉(北海道釧路市)、5位は戸倉上山田温泉(長野県千曲市)となっている。

総選挙は環境省と観光庁が後援。初開催の今年度の選考は環境省自然環境局らで構成する委員会が行った。来年度からは、国民投票による総選挙を行うという。

その他の部門の各1位は次の通り。

リフレッシュ=みなかみ18湯(群馬県みなかみ町)▽ファミリー=草津温泉(同県草津町)▽うる肌=玉造温泉(島根県松江市)▽健康増進=竹田温泉群(大分県竹田市)▽道後温泉(愛媛県松山市)▽スポーツリハビリ=有馬温泉(兵庫県神戸市)▽レジャー=箱根温泉(神奈川県箱根町)

あわせて読む

観光庁

もっと見る
「観光庁」の記事をもっと見る

訪日外国人旅行者数

もっと見る
「訪日外国人旅行者数」の記事をもっと見る

北海道

もっと見る
「北海道」の記事をもっと見る 「人気」の記事をもっと見る 「温泉」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る

長野県

もっと見る
「長野県」の記事をもっと見る

徳島県

もっと見る
「徳島県」の記事をもっと見る