Logo sec

日立、24時間動く観光ガイド装置 NEDOなどと東大寺で実証実験

2016/11/10

日立製作所は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)などと、奈良市の東大寺で観光ガイドの実証実験を始めた。

201611111212_1.jpg

201611111212_2.jpg

※東大寺の境内に設置されたビーコン(写真上)、専用アプリをスマートフォンにダウンロードして利用する

太陽光パネルを備え、薄暗い場所でも24時間稼働する「クリーンビーコン」と呼ぶ無線通信装置を東大寺の境内に設置。観光客が手持ちのスマートフォンに専用アプリをダウンロードし、近距離無線の「ブルートゥース」をオンにして近づくと、英語と中国語、韓国語で東大寺の歴史や参拝マナーの動画を表示する。

クリーンビーコンのような無給電で動き、メンテナンスも不要な機器の用途を開拓し、普及を促すのが狙い。

実験は、来年3月31日まで行い、2017年度の実用化を目指す。NEDOとソフトバンクグループのリアライズ・モバイル・コミュニケーションズ(東京都港区)がとりまとめ役を担い、クリーンビーコンは日立が開発。ほかにサイバー創研(同品川区)が参加する。

実験終了後には、クリーンビーコンの利用ガイドラインを作成するなどして、観光以外を含む新サービスの創出に役立てる考えだ。

あわせて読む

多言語対応

もっと見る
「多言語対応」の記事をもっと見る

奈良県

もっと見る
「奈良県」の記事をもっと見る

日立製作所

もっと見る
「日立製作所」の記事をもっと見る

アプリ

もっと見る
「アプリ」の記事をもっと見る