Logo sec

ロシア人学生が東京・早稲田にカフェ開店 アニメきっかけに来日

2016/11/04

日本が大好きなロシア人留学生が店長を務めるメイドカフェ「ItaCafe」が、東京・早稲田にオープンした。ロシアの別荘をイメージした店内で、手作りのロシア料理や紅茶が楽しめる。店長の「ナスチャん」さんは「ロシアのことを知ってもらって、仲良くなりたい」と話している。

201611041204_1.jpg
※キッチンに立つナスチャんさん(中央)とメイド服姿のスタッフ=東京・早稲田

スタッフは全員が日本語学校に通うロシア人。真っ赤なメイド服は自分たちでデザインしたもので「レースが気に入っている」という。ティーカップや小物の一部はロシアから取り寄せ、母国の雰囲気を再現した。

メニューは定番のボルシチや、ソバの実を使ったおかゆのような「カーシャ」など10種類以上。リンゴのケーキやクッキーなどのスイーツを含め、全てナスチャんさんたちの手作りだ。「みんな小さい頃からおうちで料理を手伝っているから、自然と覚えました」。オープンキッチンで手際良く調理する姿も「かわいい」と評判だ。

アニメをきっかけに日本に興味を持ったというナスチャんさん。来日後は、コスプレーヤーとしても活動している。

あわせて読む

アニメ

もっと見る
「アニメ」の記事をもっと見る

オタク

もっと見る
「オタク」の記事をもっと見る