Logo sec

関西の18博物館・美術館が3日間、見放題! 訪日客向けに入場パス発売

2016/10/15

廣済堂内の「ミュージアムぐるっとパス・関西」実行委員会は、関西を訪れる外国人観光客を対象とした英語のミュージアム無料入場パス『KANSAI 18 MUSEUM 3-DAY FREE PASS』を発売した。価格は800円。

201610141124_1.jpg

使用開始日から3日間、国立国際美術館(大阪市北区)、京都国立博物館(京都市東山区)などの関西2府3県の国公私立の18施設に自由に、待たずに、何回でも無料で入場できる。17ミリ×106ミリの新書サイズで、展開寸法はB3。各施設の見どころのガイドや、交通マップなども掲載されている。

同組織がミュージアム入場パスを発行して12年目。国内向けの2016年版パスは7月20日に発売されている。これまでは関西在住者を対象に発行していたが、関西の文化芸術面での情報発信や受け入れ対応の強化のために、訪日外国人に向けて博物館・美術館の魅力をアピールする機会を作るべきだと考えて英語版を作ったという。

発行部数は5000冊。発売期間は2016年10月13日(木)~2017年3月20日(月)。参加の18施設のほか、旅行代理店、連携ホテルなどで販売される。

参加施設は以下の通り

京都国立博物館、京都国立近代美術館、国立国際美術館、国立民族学博物館、奈良国立博物館、大阪市立美術館、堺市博物館、和泉市久保惣記念美術館、西宮市大谷記念美術館、佐川美術館、京都文化博物館、兵庫陶芸美術館、ピースおおさか(大阪国際平和センター)、堺アルフォンス・ミュシャ館、大阪企業家ミュージアム、龍谷大学龍谷ミュージアム、上方浮世絵館、宮井ふろしき・袱紗ギャラリー
 

あわせて読む

京都市

もっと見る
「京都市」の記事をもっと見る

奈良県

もっと見る
「奈良県」の記事をもっと見る

大阪府

もっと見る
「大阪府」の記事をもっと見る

地方創生

もっと見る
「地方創生」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る