Logo sec

日本製ハラール認証スキンケア化粧品「桃姫」 キルギスに専門ショップを出店

2016/10/07

ハラール認証スキンケアに特化した化粧品事業を手掛けるPBJ(本社・東京都足立区)は10月22日(土)、 キルギスの首都ビシュケクにある百貨店にスキンケアシリーズ「桃姫」ブランドの専門ショップをオープンさせる。海外での専門ショップ展開は今回が初めて。

201610111742_1.jpg

「桃姫」は保湿成分として桃の葉や種子エキス、桃果汁、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸を配合し、低刺激でほんのり優しい桃の香りが特徴の化粧品。イスラム教で禁止されているブタ由来成分やアルコール由来成分をはじめ、鉱物油や石油系界面活性剤、パラベン、着色料などを排除。ハラール専用の製造ラインを使用しており、日本イスラム文化センターのハラール認証を取得した。2016年6月には、モスクワのハラールエキスポでジェルクリームがベストプロダクト賞を受賞するなど海外では高い評価を得ている。

同社は3月の発売以来、国内での販売展開に加え、イスラム圏を中心にした海外にも積極的に進出。代理店を通じて中央アジアのCIS(独立国家共同体)諸国の販売展開をスタートさせたほか、東南アジア諸国にも販路を広げている。

今回、出店するキルギスは人口の75%がイスラム教徒。メードインジャパンの品質をアピールしながら、現地での普及を目指す。

オープン当日は現地でレセプションを開催。オープン記念祝賀パーティーでは、日本のイスラム教徒の現状やハラール認証についてのプレゼンテーションを行うという。
 

日本生まれのハラール(イスラム法で許されている)認証の化粧品が、海外で高い評価を得ている。PBJ(本社・東京都足立区)が販売している「桃姫」シリーズだ。ロシアのハラールエキスポで優れたハラール商品に与えられる金賞を受賞した。日本の企業は初めてだ。名前の通り、モモのエキスを使った、"モモから生まれた化粧品"は、日本人夫妻の「恩返し」の気持ちから生まれた。
【関連記事】ハラール認証化粧品「桃姫」 恩返しから生まれたメードインジャパン

あわせて読む

ムスリム

もっと見る
「ムスリム」の記事をもっと見る

海外進出

もっと見る
「海外進出」の記事をもっと見る