Logo sec

ハラール認証化粧品「桃姫」 恩返しから生まれたメードインジャパン

2016/09/28
201609271144_1.jpgPBJの小林美枝子代表取締役(左)とウマル執行役員=東京・北千住

日本生まれのハラール(イスラム法で許されている)認証の化粧品が、海外で高い評価を得ている。PBJ(本社・東京都足立区)が販売している「桃姫」シリーズだ。ロシアのハラールエキスポで優れたハラール商品に与えられる金賞を受賞した。日本の企業は初めてだ。名前の通り、モモのエキスを使った、"モモから生まれた化粧品"は、日本人夫妻の「恩返し」の気持ちから生まれた。

モモから生まれた化粧品

「日本の化粧品にあこがれているけれど、イスラム法において許されていない成分が入っているし、高価だから手が出せない。ムスリム(イスラム教徒)の女性たちから、そんな話を聞いて、それならば、手頃な価格の、ハラール対応の日本の化粧品を作ろうと考えたのです」

同社の小林美枝子代表取締役(48)が、「桃姫」を思い立ったきっかけを振り返る。会計コンサルタントでもある小林さん。米国の会計事務所で働くなど、長い海外生活の中で、思いは強まった。

「桃姫」シリーズは、その名の通り、モモの葉、実、タネのエキスを配合している。まさに、モモから生まれた化粧品だが、小林さんの生家は、東京・北千住に80年続く青果店。くだものも身近で、「モモの葉は保湿に良い」など子供のころから、家族で話した記憶が発想の原点だ。

ロシアで金賞 CISへ輸出販売

ことしの3月3日(木)つまり、桃の節句に「桃姫」ブランドの洗顔料、化粧水、保湿ジェルクリームの3点セットの販売を国内で始めた。

201609271144_2.jpgこれが6月、モスクワのハラールエキスポに出展したところ「ベストハラールプロダクト」金賞を獲得した。

独立国家共同体(CIS)にはムスリムが多い。同エキスポは、ことしで7回目を数えるハラール商品の国際展示会で、ロシア国内外からイスラム教の指導者や研究者招いて、出展商品の成分、ハラール認証機関の有効性などを審査する。その結果、もっとも優れたハラール商品に「桃姫」が選ばれたのだ。

7月からはCIS5カ国で販売されている。

9月には美容液を発売した。

「年末までには7商品まで増やすつもりです。ボディクリーム、シャンプーも検討しています」と意欲的に話すのは、小林さんの夫で同社執行役員、ウマルさん(50)だ。

異国の地で倒れ 恩返しのハラール化粧品

同社は小林さんと、ウマルさんの夫唱婦随、二人三脚の会社だ。「ウマル」は「イスラムネーム」。夫婦はことし1月、そろってイスラム教に改宗し、イスラムネームを持っている。日本企業の東南アジア進出に関するコンサルタントである夫は、「桃姫」の仕事の際は、イスラムネームのウマルを使う。

小林さんは「日本人で、かつムスリムとして、ハラール化粧品を日本で作りたい。そういう思いから、改宗しました」と説明する。

ムスリムの人たちに対する並々ならぬ思いで取り組んでいる。なぜか。ウマルさんが答える。

「私は、インドネシアで大病をして入院したことがあるんです。異国の地で倒れるのは、とても心細い。家内が迎えに来るまでの間、現地の方々は非常に親切にしてくれました。その恩返しをしたいのです」

モモのお姫さまという夢を

201609271144_3.jpg

ハラール認証の化粧品は、日本の大手化粧品メーカーや商社も出している。

「桃姫」の特徴をいうなら、小林さん夫妻に強いこだわりがあるということになるだろう。手頃な価格であること。日本で作られているということ。

「うちの製品は、千葉県内にある、ハラール認証をとった工場で製造しています。ともかく箱まで日本製であることこだわっています」とウマルさんは話す。

「桃姫」は、CIS5カ国のほか中東、シンガポールと計13の店舗で扱われている。年末には、さらに海外での取り扱い店が増える見通しだ。

モモのエキスを使っていること。ムスリムの女性が夢をもてる商品にしたいという願い。そこで、小林さんがつけた名前が「桃姫」。モモのお姫さま。

「幸い、インドネシアの人が聞いても覚えやすいうえに、かわいらしい響きだそうです」と小林さんは、ほほえむ。

MOMOHIMEは、ムスリムの女性たちの間で、メードインジャパンの化粧品の代名詞になるかもしれない。


「桃姫」シリーズは、オンラインショップで購入できる。

商号 PBJ株式会社 (PBJ Inc.)
所在地 東京都足立区千住2-36 
電話/FAX/Email 電話 03-5284-8812 FAX 03-3882-8088   info@peach-beauty-japan.com
代表者 代表取締役 小林美枝子
設立 2010年10月7日
資本金 500万円
沿革

1935年 矢萩青果店として創業
2010年 店舗を改装してGreenfoods17に屋号変更
2010年 株式会社設立 青果事業統合
2015年 PBJ株式会社に商号変更
2016年 化粧品事業を新設 「桃姫」販売開始

あわせて読む

「人気」の記事をもっと見る

ハラール

もっと見る
「ハラール」の記事をもっと見る

海外進出

もっと見る
「海外進出」の記事をもっと見る