Logo sec

観光は成長の「エンジン」 訪問先の拡大を 28年版観光白書を決定

2016/05/13

政府は5月13日(金)の閣議で、平成28年(2016年)版観光白書を決定した。

世界の旅行市場は急拡大するとの見通しを示し、好機を生かしさらに多くの外国人を呼び込む方針を打ち出した。

2020年に年間の訪日客を4,000万人にする目標達成に向け、観光地の魅力を高め、大都市に偏っている訪問先の拡大を図ると強調した。

全世界の国際旅行者数は、アジアの経済成長を背景に、2003年の11億8,000万人から2020年には18億人に達するとの予測を紹介。

日本は観光産業が国内総生産(GDP)に占める割合が間接効果も含め7.5%と欧米主要国より低く、成長の余地があると分析し、政権が掲げる名目GDP600兆円実現に向け、観光を「エンジン」に位置付けた。

あわせて読む

「政府」の記事をもっと見る

訪日外国人旅行者数

もっと見る
「訪日外国人旅行者数」の記事をもっと見る

データ

もっと見る
「データ」の記事をもっと見る

観光白書

もっと見る
「観光白書」の記事をもっと見る

自治体

もっと見る
「自治体」の記事をもっと見る