Logo sec

すしのにぎり体験 今夏は来店者数が急増! 東京・築地の玉寿司

2016/09/07
201609061053_1.jpgカウンターの中で、職人の指導を受けながら、8貫のすしをにぎることができる(玉寿司提供)

訪日外国人観光客(インバウンド)の旅行の目的が「買い物」などから「体験」重視に変化していると言われているが、7年前から「体験」を提供し続けているすし店が東京・築地にある。手巻きずし発祥の店でもあり、東京都内を中心につ29店舗を展開する「玉寿司」(本社・東京都中央区)だ。

食べるだけではなく、自ら握ってみたいという訪日客は年々増え続け、今年7~8月の利用者数は前年比87%増と、いよいよ人気は高まっている。

本物のカウンターに入ってにぎれる

玉寿司は築地の場外市場に近い、「築地玉寿司晴海通り店」で、すしの「にぎり体験」サービスを実施している。

すし職人と同じ白衣を身につけ、職人の指導のもと、本物のすしカウンターに入り、本物のすしをにぎることができるのが、何といっても大きな魅力だ。

築地市場を見学する訪日客の案内役を務めていたのり店から、「市場見学の後にすしを食べたいという希望が多い。しかし、単に食べるだけではなく、楽しめる要素も加えたい」と要望されたのがきっかけ。それならばと、客に自らすしにぎらせ、それを食べてもらう趣向を考えた。2009年ごろのこと。

「と言っても7年前当時は、市場見学の後、にぎり体験まで希望する訪日客は、年に3組ほどしかいませんでした」。玉寿司秘書広報室の太田佳子次長が振り返る。ちなみに29店舗を展開する玉寿司は株式会社。店名は「築地玉寿司」。

和食の文化遺産登録などで? 希望者が急増

しかし、にぎり体験希望者は、2014年に入って急増した。ちょうど前年12月、和食がユネスコの無形文化遺産に登録された。その3カ月前の9月には2020年五輪の開催地が東京に選ばれていた。訪日客数自体も2013年には1,000万人を突破し、伸び始めていた。

2014年、のり店の築地市場ツアーの数は前年の40倍になり、玉寿司でのにぎり体験の回数も月10回に増えた。

201609061100_1.jpg「へい、お待ち」。教わった日本語で、すしを客席に(玉寿司提供)

前述の通り、にぎり体験は晴海通り店の地階で行う。旅行会社を通じて予約をした1日1組の限定。2人から受け付ける。大抵は4~5人の家族客だという。教わったばかりの「へいお待ち」という日本語とともに客席に座る家族や友人にすしを出せば、気分は本物の板前だ。

2年前に旅行会社と契約して団体客にも対応し始めたが、さすがに、全員をカウンターに入れることはできないので、こちらはテーブルを並べて講習会風に行うが、楽しさは変わらないようだ。

素人の外国人をカウンターの中に入れることについて、玉寿司の板前からは反対意見は出なかった。むしろ「喜んでもらえるのではないか」と積極的だったという。

体験を通じて"すし文化"をさらに世界に伝えたい

年に3組ほどで始まったにぎり体験だが「現在では、ほとんど連日のように予約が入っています。特に今年、夏でこんなに予約が入るのは初めてです」と太田次長も驚いている。昨年の7-8月は15組。今年は28組とほぼ倍増だ。

フランス、スペイン、米国、ドイツ、イタリアなど9割が欧米からの訪日客だという。

「すし文化を伝え、国際交流的な意味合いを充実させたいのが、このにぎり体験です。使命感のようなものを感じています。すしは世界的に人気だからこそ、本物の技術を見せたい。本職に近い格好をしてカウンターに入ってもらうのは、そういう意味もあります」

ただ今のところ、FIT(個人客)にふらりと来店されても、言葉の問題から、にぎり体験の対応はできない。ツアー会社経由での予約が必要だ。「ツアー会社経由ではない方も受け入れられるよう、通訳をコーディネートできたら」と課題になっている。

築地市場の移転問題が、影響を及ぼすかもしれない。しかし、太田さんは言う。

「2020年には、さらに大勢の方にぎり体験をしていただきたい。すし文化をさらに多くの国の人に伝えたいからです」

 
201609061105_1.jpgハラールについては未対応。ベジタリアンはOK。なお、体験は日本人でも申し込める。(玉寿司提供)
 
本格派寿司握り体験

スタンダードコース 8,000円(税込)/1人
  1. すしの歴史及び食べ方マナー講座
  2. にぎり&手巻き体験 にぎりずし8貫(マグロ、エビ、イカ、玉子、カンパチ、イクラ軍艦、サーモン2貫) 手巻きずし(アボガド、マグロ、カニから選ぶ)
  3. 本わさび味わい体験
  4. 「職人気分で握ろう」体験!(カウンター越しに客にすしを提供する疑似体験)
  5. アジのお造りショー
  6. 食事(板前からすしに関する話を聞きながら)
  7. ソフトドリンク

プレミアムコース 13,000円(税込)/1人
  1. すしの歴史及び食べ方マナー講座
  2. 魚さばきの見学
  3. シャリ切り体験(酢飯作り)
  4. にぎり&手巻き体験 にぎりずし8貫(マグロ、エビ、イカ、玉子、カンパチ、イクラ軍艦、サーモン2貫) 手巻きずし(アボガド、マグロ、カニから選ぶ)
  5. 本わさび味わい体験
  6. 「職人気分で握ろう」体験!(カウンター越しに客にすしを提供する疑似体験)
  7. アジのお造りショー
  8. 食事(板前からすしに関する話を聞きながら)
  9. ソフトドリンク

いずれもおみやげ付き。記念写真、湯飲み、浮世絵コースター。プレミアムコースの場合、着用した白衣もおみやげとして持ち帰ることができる

あわせて読む

体験観光

もっと見る
「体験観光」の記事をもっと見る

伝統文化

もっと見る
「伝統文化」の記事をもっと見る

飲食店

もっと見る
「飲食店」の記事をもっと見る 「飲食」の記事をもっと見る 「和食」の記事をもっと見る 「すし」の記事をもっと見る