Logo sec

TDRの好調さに見る「日本流おもてなし」 上海ディズニーはなぜ敵ではないか

2016/09/06

東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランドの業績が、6月の上海ディズニーランドの開園という「逆風」にも関わらず好調だ。上海に顧客を奪われるといった懸念が一部であったが、訪日外国人の来場は衰えず、2016度の入園者数は2年ぶりの増加を見込む。中国人の「爆買い」に陰りは見えるが、日本流のおもてなしで、実体験にお金を使う“コト消費”を喚起している。

201609061024_1-250x0.jpg東京、香港に次ぐアジアで3番目となるディズニーランドが 6月16日、中国・上海に開園。開園に先立ち開かれた式典で汪洋副首相は、「中国の旅行産業のレベルを引き上げる」と強調し、テーマパークの集客による経済活性化に期待感を示した。

公式サイトによると、アトラクションの数は24にのぼる。週末や休日、夏の繁忙期の大人の入場料は499元(約8,000円)。

上海市によると、総投資額は約340億元(約5,500億円)。経済効果は年間約300億元に上るとの試算もある。ただ日本側では、上海ディズニーランドに中国人がお金を落とせば落とすほど、「TDRでお金を使っていた中国人が減るのでは」といった懸念が一部にあった。

「上海の影響はない」

それでもTDRの幹部は「上海の影響はない」と、強気の姿勢を崩さない。

実際、TDRを運営するオリエンタルランドの2016年4~6月期の連結決算は、売上高が前年同期比3.6%増の1,069億円。最終利益も4.9%増の162億円と、増収増益だ。ふたを開けてみれば、上海ディズニーランドの影響は見られていない。

4~6月期の来場者数の詳細は公表していないが、前年同期と「ほぼ同様」という。上海ディズニーランドの開園後も訪日外国人は減っていないもようで、2016年度の来場者数は 3,040万人と、前年度比で7%増を見込んでいる。

人気の秘密は「おもてなし」

上海ディズニーランドの開園後も衰えないTDRの人気の秘密は、徹底した「おもてなし」のサービスだ。

園内では常に清掃員が歩き回り、ゴミをほとんど見かけない。そればかりか、清掃員までがエンターテインメントの一部となる。掃除をしながらモップで地面にミッキーなどのキャラクターを描く独自のサービスは、米国本土に逆輸入されたほどだ。

大規模な施設を建設しなくとも、何度も足を運ぶリピーターを飽きさせない戦略も取り入れている。

「わー、やったー」。東京ディズニーランド(TDL)内の路上に、映画「トイ・ストーリー」でおなじみのキャラクターが突然登場。すると、そばにいた子供たちが歓声を上げ、一緒にゲームに興じ始めた。

TDLは、こうした園内の雰囲気を盛り上げる路上パフォーマンスや小規模なショーを、手を替え品を替え導入している。

タイ語とインドネシア語の表示も追加 訪日客は45%増

また、外国人を積極的に取り込もうと、今年3月から待ち時間が少なくアトラクションに入場できる「ファストパス」やホテルの宿泊などがセットになった商品の販売を開始。

さらに、これまで場内の地図は日本語以外では英語、中国語、韓国語で作成していたが、4月からはタイ語とインドネシア語を加えた。

こうしたきめ細かいサービスが奏功し、2015年度の訪日外国人は45%増の2,135万人に達し、今年度も増える見通しだ。

「中国でディズニーを知り日本に」と期待も

翻って、上海ディズニーランドはどうか。

上海ディズニーランドが開園した6月16日。あいにくの雨の中、湖北省から来た40歳代の女性は、「一部の観光客のマナーが心配だ」とため息を漏らした。

この日は入場ゲート近くの植え込みで親が男児に用を足させたり、ビニール製の雨具を芝生の上に捨てたりする客の姿があった。その他、乗り物に空のペットボトルを残したまま降りる人や、喫煙場所以外でたばこを吸う人などなど…。こうした日本では見かけないようなマナーの悪さに、中国人も眉をひそめる。

運営面でも問題がありそうだ。入場前にインターネットで予約したはずの入場券をなかなか受け取れず、いらだった客が警備員に食ってかかる場面もみられた。

おなじディズニーランドでありながら、運営や顧客のマナーなど違いは大きい。このため、TDRの関係者は、上海と顧客を奪い合うどころか、「中国でディズニーの楽しさを知った人が、TDRに遊びに来てくれるのでは」と期待する。

実際、2005年に香港ディズニーランドが開園すると、TDRの2006年度の来場数は前年度比で4%増加し、その後も増加傾向をたどった。TDRは上海や香港にはない、海をテーマにした東京ディズニーシー(TDS)という武器もある。「ディズニーの認知度が中国で高まれば、長期的にはTDRの業績にプラスに働く」(証券アナリスト)との見方は多い。

ただし、3年連続の値上げ 円高傾向は訪日客に影響も

ただ、課題は価格だ。4月には大人1人の1日券で500円値上げし、7,400円とした。値上げは3年連続。円高傾向が続けば、来場者数の増加を牽引してきた訪日外国人への影響はさらに大きくなる。

度重なる値上げでも「また来たい」と思わせるような不断の努力が、TDRには一層求められる。

あわせて読む

COOL JAPAN

もっと見る
「COOL JAPAN」の記事をもっと見る

東京ディズニーリゾート

もっと見る
「東京ディズニーリゾート」の記事をもっと見る

テーマパーク

もっと見る
「テーマパーク」の記事をもっと見る

体験観光

もっと見る
「体験観光」の記事をもっと見る