Logo sec

ハラール認定の非常食 10月に発売 アルファー食品

2016/09/05

201609051510_1-600x0.jpg加工米飯製造・販売のアルファー食品(本社・島根県出雲市)は、非常食商品「安心米」の一部商品で、イスラム教の教義に適合した食品であることを示す「ハラール認証」を取得した。日本災害食学会の基準を満たした「日本災害食認証」も取得。対象商品はリニューアルした上で、10月3日(月)から売り始める

「安心米」は、水でも調理ができる非常食。袋を開けて中のスプーンを取り出し、お湯をなら注いで約15分、水だと約60分で食べることができる。

賞味期限は製造日から5年6か月と長期保存が可能。

同社コンシューマー事業本部ミーケティング課は「訪日客(インバウンド)が増えていたり、2020年の東京五輪開催をにらみ、各自治体からもハラール対応の備蓄米を求められていました」と説明する。

ハラール認証を取得したのは次の6商品。
201609051510_2-600x0.jpg

アルファー食品

設 立 1966年6月29日
代表者 代表取締役社長 森山 信雄
事業内容 加工米飯の製造・販売
資本金 3,600万円
従業員 267人
本社所在地 島根県出雲市大社町北荒木645番地
ホームページ http://www.alpha-come.co.jp/

 

あわせて読む

ハラール

もっと見る
「ハラール」の記事をもっと見る