Logo sec

京都のホテル客室稼働率 7月では最高 訪日客も過去最多

2016/09/05

京都文化交流コンベンションビューローが発表した7月の京都市内の主要ホテルでの客室稼働率は、前年同月比0.3ポイント増の89.2%と好調で、7月として過去最高を更新した。

宿泊客に占めるインバウンド(訪日外国人客)の利用割合も同3ポイント増の43%で、7月として過去最高だった。

中国は前年増 台湾、韓国は減少傾向

京都のホテルに宿泊した訪日客のうち、国・地域別では、中国が同13.8%増と2カ月連続で前年水準を上回り、回復傾向を示す一方、台湾は同 17.1%減と6カ月連続、韓国が同12%減と3カ月連続でそれぞれ前年水準を下回った。

 

あわせて読む

ホテル

もっと見る
「ホテル」の記事をもっと見る

京都市

もっと見る
「京都市」の記事をもっと見る 「人気」の記事をもっと見る

データ

もっと見る
「データ」の記事をもっと見る 「宿泊」の記事をもっと見る