Logo sec

大手百貨店8月売上高は全社前年割れ 訪日客売り上げも減る

2016/09/02

大手百貨店4社が9月1日(木)発表した8月の既存店売上高(速報)は、全社が前年同月比で減少した。台風で客足が鈍ったことに加えて、衣料品の不振が響いた。

三越伊勢丹 訪日客売り上げは3割減

三越伊勢丹ホールディングスは8.6%減。衣料品は夏物、秋物ともに不調で「8月は非常に厳しい商売だった」(広報)。訪日外国人客向けの売り上げは3割減。来店者数は前年並みを維持したものの、購買単価が下がった。

大丸と松坂屋を運営するJ.フロントリテイリングは7.4%減。厳しい残暑のため、8月下旬に投入した婦人向けの秋物が見込み通りに売れなかった。

高島屋 訪日客マイナスに戻る

高島屋は4.4%減。特に紳士服が16.2%減と大きく落ち込んだ。7月は増加に転じた訪日外国人客向けの売り上げもマイナスに戻った。

そごう・西武は4.3%減。化粧品は月間を通して好調だったが、衣料品が競合他社と同様に前年を下回った。

 

大手百貨店4社が8月1日(月)発表した7月の既存店売上高(速報)は、そごう・西武と高島屋の2社が前年実績を上回った。化粧品などの販売が好調だった。
【関連記事】7月百貨店売上高 訪日客売上高は3社がマイナス

あわせて読む

流通業

もっと見る
「流通業」の記事をもっと見る

データ

もっと見る
「データ」の記事をもっと見る

百貨店

もっと見る
「百貨店」の記事をもっと見る

高島屋

もっと見る
「高島屋」の記事をもっと見る

三越伊勢丹ホールディングス

もっと見る
「三越伊勢丹ホールディングス」の記事をもっと見る

そごう・西武

もっと見る
「そごう・西武」の記事をもっと見る

J・フロントリテイリング

もっと見る
「J・フロントリテイリング」の記事をもっと見る