Logo sec

成長する越境EC市場 商機到来と運輸大手

2016/08/19

7月の訪日外国人旅行者は過去最高を更新したが、増加ペースは鈍っており、円高の影響もあって中国人客の「爆買い」にも陰りが出てきた。

日本政府観光局は8月17日(水)、7月の訪日外国人旅行者数が前年同月比19.7%増の229万7,000人だったと発表した。
【関連記事】7月の訪日客数、単月で過去最多を記録 229万人


代わって急増しているのが、中国や米国の消費者がインターネットを通じて日本の商品を購入する「越境通販」だ。経済産業省は2019年に3兆円を突破すると推計、新たな外国人消費の柱に育つと期待している。

中国でネット通販市場が拡大する中、大衆薬や日用品の「爆買い」を取り込む新たな手段として、国内メーカー各社が中国でインターネットサイトを開設し、日本から製品を販売する直販に乗り出す動きが相次いでいる。

「売れ筋商品が、10万円以上する炊飯器などの家電製品から日用品に変化した」と総合免税店ラオックスの広報担当者は話す。16年6月中間連結決算は、売上高が前年同期より2割強減り、最終損益は赤字に転落した。

総合免税店のラオックスは8月12日(金)、2016年12月期の連結業績予想を下方修正した。
【関連記事】ラオックス 業績を下方修正 爆買いの中心、日用品メーンに

同社は3月、名古屋市に中部地域での初店舗をオープンするなど業容を拡大してきたが、円高進行の影響などで、訪日客の売れ筋は宝飾品や家電から単価の安い日用品に移り、売り上げが縮小してきた。大手百貨店も業績が軒並み悪化し、「訪日客頼み」の限界を露呈している。

2019年には3兆円市場

一方、脚光を浴びているのは越境通販だ。経産省は中国の消費者による日本市場での購入額が、16年には既に1兆788億円、19年には2兆3,359億円まで増えると推計する。

米国からの購入分を加えると、16年は約1兆7,000億円、19年は約3兆2,000億円に達すると予測。これらは政府が発表する訪日客の消費額には含まれないが、国内企業の業績改善には確実に貢献する。

「中国の消費パワーで世界を驚かせよう」。昨年11月、中国のネット通販大手「アリババグループ」が展開した特売セールで、最高経営責任者(CEO)の張勇氏はこう呼び掛けた。中国では、ネットの普及や決済システム、物流網の整備で、日本の商品をより購入しやすくなった。

アクセサリー専門問屋のお世話や(本社・東京都渋谷区)は、折り鶴ピアスの月間販売数が中国を中心に想定の20倍にも達する好調ぶりだという。
【関連記事】折り鶴ピアス 中国で人気 アクセサリーのお世話や


日本の商品は安全面でも人気が高く、訪日客がネット上でリピーターとなり、口コミで購入者を増やしている。通販にも円高の影響はあるが、旅行費用がかからない分、消費者が商品に充てるお金は増やせる。

商機到来と大手運輸

これを商機とみるのは、国内の運輸大手だ。日本通運はアリババと提携し、日本企業の商品を空輸するサービスを始めた。


ヤマトホールディングスも今春、別のネット通販大手と提携。ANAホールディングスは9月から越境通販事業に本格参入する。

ただ、中国の通関制度が事業拡大の壁になっている。各社は通関手続きを代行するが、中国政府が徴税強化のために新たな申告システムを導入し、企業側の負担は増した。運輸大手の担当者は「中国の頻繁な制度変更に対応できないと、サービス自体が成立しなくなる」と警戒している。

あわせて読む

「物流」の記事をもっと見る

ヤマトホールディングス

もっと見る
「ヤマトホールディングス」の記事をもっと見る

日本通運

もっと見る
「日本通運」の記事をもっと見る

海外進出

もっと見る
「海外進出」の記事をもっと見る

越境EC

もっと見る
「越境EC」の記事をもっと見る