Logo sec

ゼロ戦展示で論議「戦争美化になる」「史実を隠すな」 愛知県が“苦肉”の暫定展示

2018/01/10

 国産初のジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の開発をきっかけに航空産業の発展を期して愛知県が昨年11月、豊山町にオープンした航空博物館「あいち航空ミュージアム」に、第二次大戦時の戦闘機「ゼロ戦」の復元機が展示された。展示に際しては「戦争賛美につながる」などと反対の声が出るなど議論もあったが、かつて世界の航空界をリードした技術の結晶として暫定公開にこぎ着けた。現代の若者にも人気を集める「ゼロ戦」。訪れた人からは「史実を隠してはならない」「公開で戦争は絶対あってはならないと訴えることも大切」といった声が聞かれた。

当時の最先端技術に関心

間近に見ることができるゼロ戦=愛知県豊山町のあいち航空ミュージアム

 国産初のプロペラ旅客機「YS11」や国産技術で開発したヘリコプター「MH-2000」など6機が並ぶ博物館1階の実機スペース。ゼロ戦は、その片隅の壁で区切られた場所に静かに置かれている。

 濃い緑の機体に先端の黒いエンジンフードがついた外観、高速を実現させるために引き込み式にした車輪、当時の戦闘機では最強の武装だった20ミリ機関砲…。展示された機体は南太平洋を飛び回った往時の姿を彷彿(ほうふつ)とさせ、つぶさに観察する来館者や、立ち止まって瞑目(めいもく)するお年寄りの姿も。

 展示機の制式名称は「零式艦上戦闘機52型甲」。昭和19(1944)年に名古屋市の三菱重工大江工場で生産され、最大時速565キロ、航続距離3000キロを超える優れた運動性能と耐久力で知られる。硬度と軽さを兼ね備えた「超々ジュラルミン」により高強度化、軽量化を追求した機体で、空気抵抗を軽減するために、頭の平らな鋲(びょう)を打ち込み内側から留めた「沈頭(ちんとう)鋲」は航空界で先駆けの技術として注目された。

 ミクロネシア連邦ヤップ島で昭和58(1983)年に見つかったゼロ戦の残骸の部品を使うなどして約2年かけて復元し、三菱重工名古屋航空宇宙システム製作所史料室に保存していた機体を借り受け展示した。

 国内でゼロ戦の実機を常時公開しているのは、国立科学博物館(東京都)や呉市海事歴史科学館大和ミュージアム(広島県呉市)など9カ所(計9機)。愛知県はゼロ戦を開発した三菱重工の研究拠点があり、群馬県大泉町などともに第二次大戦前後の一大生産地だったが、史料室での見学は予約が必要で開館時間も限定されていた。

 今回は暫定公開とはいえ、「生まれ故郷」での初めての展示となった。展示は多くの戦闘機マニアも引きつけ、大阪市の30歳代の男性会社員は「ぜひ、見たかったので会社を休んできた」と話していた。

公開に議論沸騰 

 しかし、ゼロ戦の展示は順調に進んだわけではなかった。博物館の計画は平成27年5月に県が発表。館内の完成予想図のイメージパースに展示機としてゼロ戦が描かれたことで、県議会では一部議員から「多くの若者が命を落としたゼロ戦の展示は戦争美化につながる」と反対の声が上がった。

 地元の前豊山町長も「若い子にそういうものを見せて、興味を持たせたくない。戦争反対です」と抵抗感をあらわにし、ゼロ戦展示は議論の焦点となった。こうした経緯もあり、県は28年12月議会に提出した予算案にYS11など民間機の展示は盛り込んだものの、ゼロ戦は見送った。

 しかし、ゼロ戦は県内が当時の一大生産拠点で、世界最高水準を誇った機体でもあり、次代の航空産業の振興を考える航空博物館の展示に「ゼロ戦は欠かせない」という県民の声もあった。

 このため県は展示を再検討。三菱重工史料室が29年5月から改装のため休館となったことで「移転展示」するという形とし、YS11などの正式展示とは別にコーナーを設けて暫定的に展示することとした。県担当者は「(ゼロ戦展示は)どうしてもということではないが、地元ゆかりの航空機を考えたときに避ける理由もない」と説明する。

 来館者の見方はどうか。翼の「沈頭鋲」などを注意深く見つめていた、旅客機のオプションパーツ設計士という名古屋市守山区の男性(80)は「初めて見た。想像より大きい。技術的に素晴らしく、当時、これだけの知識と技術があったのは驚く」といい、「戦争云々ではない」と付け加えた。名古屋市千種区から来た大学4年の男子学生(21)は「子供の頃、広島市で原爆ドームを見て戦争を知った。ゼロ戦をみることによって歴史を学ぶということもある」と話した。

「史実を隠すな」 広い世代が関心

 ミュージアムに隣接する県営名古屋空港(同町)は昭和19年2月に開設した小牧陸軍飛行場が源流。大戦中は航空隊基地として使用され、空襲も集中した。戦後は一時期、町境にある小牧、春日井、名古屋3市にも敷地を拡大した。

 陸軍飛行場の建設のため石拾いをした地元の柴田満枝さん(84)はゼロ戦を前に「空襲で逃げ惑い、常に死を覚悟していたことや、特攻で亡くなったいとこにおばがおはぎを持っていったら、すでに出撃後だったという話を思い出した」と振り返った。さらに、「ゼロ戦は戦争体験者に苦しく悲しい記憶を思い起こさせるが、公開で何があったのかをしっかりと伝え、戦争は絶対にあってはならないということを強く訴えてほしい」と話した。

 一方、戦闘機搭乗員を養成した海軍飛行予科練習生として終戦を迎えた岐阜県多治見市の鈴木道郎さん(87)は「ゼロ戦に乗るのが憧れだった。純粋に家族や友人、恋人らみんなの日本を守りたかった。戦況も差し迫ると、優秀な人ほど訓練もそこそこに出陣していった」といい、「戦争なんていいわけがない。史実を覆い隠すことは彼らまでも隠してしまう。そんなことはできない」と話した。

 展示に際し、大村秀章知事は「当時の日本の航空技術の高さを象徴すると同時に、愛知で生まれた機体であり、展示にふさわしい。改めて平和や戦争について考える機会にしてほしい」と述べている。

 人気を集めるゼロ戦だが、館内には、古今東西の名機の模型を並べた「名機100選」や飛行機作りの歴史が上映される3D大型シアター、飛行疑似体験ができるフライトシミュレーターなどもある。

 運が良ければMRJの試験機も見られる名古屋空港の滑走路も屋上展望デッキから見渡せ、航空機の起源から最新の航空機までの歴史をたどることができる。

 同ミュージアムは原則、火曜休館。入館料は大人1000円、大学・高校生800円、小中学生500円。学校利用の場合、小中学生とその引率者は300円。

 なお、ゼロ戦の借り受け先の史料室の改装終了時期は未定で、返却も含め展示のゼロ戦の今後は決まっていない。

あわせて読む

COOL JAPAN

もっと見る
「COOL JAPAN」の記事をもっと見る

体験観光

もっと見る
「体験観光」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る 「運輸」の記事をもっと見る

航空機

もっと見る
「航空機」の記事をもっと見る

博物館

もっと見る
「博物館」の記事をもっと見る