Logo sec

「今年も笑顔になれたらうれしおす」舞妓さんも仕事始め 京都の花街に華やぎ

2018/01/09
始業式で1年の精進を誓う芸舞妓ら=7日、京都市東山区のギオンコーナー(寺口純平撮影)

 京都の花街・祇園甲部などで7日、仕事始めに当たる「始業式」があった。黒紋付きに、稲穂や今年の干支にちなみ犬をあしらったかんざしで正装した芸妓や舞妓が続々と集まり「今年もおたのもうします」と新年のあいさつを交わした。お神酒も振る舞われ、会場は華やいだ。

 京都市東山区のギオンコーナーには芸舞妓ら約110人が集合。昨年の売り上げ成績の上位が表彰された後、京舞井上流家元で人間国宝の五世井上八千代さんが恒例の地唄「倭文」を披露した。

 新成人の舞妓茉利佳さん(20)は「今年もいっぱい笑顔になれたらうれしおす。舞やおはやしのお稽古も精進していきとおす」と抱負を語った。

 宮川町歌舞練場(東山区)でも芸舞妓ら100人以上が集まり、始業式があった。

あわせて読む

COOL JAPAN

もっと見る
「COOL JAPAN」の記事をもっと見る

体験観光

もっと見る
「体験観光」の記事をもっと見る

伝統文化

もっと見る
「伝統文化」の記事をもっと見る

観光ルート

もっと見る
「観光ルート」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る

京都府

もっと見る
「京都府」の記事をもっと見る

インバウンド

もっと見る
「インバウンド」の記事をもっと見る