Logo sec

イトーヨーカドー岡山店跡地に商業施設やマンション開発構想「杜の街づくりプロジェクト」 両備グループなど

2017/12/27

 2月末に閉店した岡山市北区のイトーヨーカドー岡山店の跡地について、両備グループ(岡山市北区)などは高層マンションやオフィス、店舗などの5棟を整備する再開発計画を発表した。跡地活用方針が示されるのは初。地域活性化に期待が寄せられている。

イトーヨーカドー岡山店跡地の再開発計画完成予想図

 発表された「杜(もり)の街づくりプロジェクト」(仮称)によると、複合施設「ジョイフルタウン岡山」の敷地の南東側約1万7千平方メートルを活用。地上9階のオフィスや商業施設棟や、地上37階の分譲・賃貸マンション棟(約300戸)など5棟計延べ約10万5千平方メートルを整備する。

 総事業費約300億円で、両備グループが100パーセント出資してつくった「杜の街づくりPJ1合同会社」が開発を行い、平成33年度の完成を目指すという。

 発表を受けて岡山市の大森雅夫市長は26日、「にぎわいづくりの観点からも企業誘致を進めるうえでも大きなポイント。37階建てビルは県内最高層でもあり、ランドマークにもなってくれる」などと期待を寄せた。

あわせて読む

観光ルート

もっと見る
「観光ルート」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る

地方創生

もっと見る
「地方創生」の記事をもっと見る

岡山県

もっと見る
「岡山県」の記事をもっと見る

マンション

もっと見る
「マンション」の記事をもっと見る

商業施設

もっと見る
「商業施設」の記事をもっと見る