Logo sec

JR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島」、元日に初めて千葉へ

2017/12/26

 JR東日本千葉支社は、来年1月1日に豪華寝台列車「トランスイート四季島」が南房総市の和田浦駅に到着すると発表した。今年5月の運転開始後、本県での正式運行は初。当日は同市キャラクター「みなたん」や関係者によるお出迎えなどが行われる。

初めて千葉県で運行するJR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島」(JR東日本千葉支社提供)

 12月31日に上野駅(東京都)を出発して熱海駅(静岡県)、横須賀駅(神奈川県)で停車。総武線、内房線を経由し、初日の出を鑑賞するため和田浦駅に午前6時40分ごろから約30分停車する。その後、内房線や成田線を通り、鹿島神宮駅(茨城県)に到着。乗客は初詣の参拝を行い、上野駅に戻る。乗車券はすでに完売したという。

あわせて読む

体験観光

もっと見る
「体験観光」の記事をもっと見る

JR東日本

もっと見る
「JR東日本」の記事をもっと見る 「運輸」の記事をもっと見る

地方創生

もっと見る
「地方創生」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る

千葉県

もっと見る
「千葉県」の記事をもっと見る

インバウンド

もっと見る
「インバウンド」の記事をもっと見る