Logo sec

「冬景色のインフラ見に来て」 国交省、専用サイトで全国274施設を紹介

2017/12/26

 国土交通省は、ダムや橋などの大型公共施設を見学する「インフラツーリズム」の専用サイトで、雪化粧やイルミネーションといった冬ならではの見どころがある施設の紹介を始めた。観光客が減りがちな冬場の魅力を売り込み、地域活性化に役立てたい考えだ。

福井県の真名川ダム(国交省提供)

 専用サイトには、工事中を含む全国274施設を掲載。冬場の見どころとして管理用通路をイルミネーションで彩る七ケ宿ダム(宮城)、雪景色が美しい真名川ダム(福井)や耶馬渓ダム(大分)などを紹介している。

 港湾や道路、人気が高まりつつある灯台の情報もあり、普段は入れない施設内部の見学会や、旅行会社が企画したツアーの予定も公開している。国交省はインフラツーリズムをより身近に感じてもらおうと、新たにフェイスブックでの情報発信も始めている。

 インフラ見学会は、地元住民向けの説明会として開かれるケースが多かったが、政府が2013年に観光戦略の一環としてインフラツーリズムを打ち出し、国内外の旅行者が訪れる観光スポットになっている。アドレスは、http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/region/infratourism/index.html

あわせて読む

COOL JAPAN

もっと見る
「COOL JAPAN」の記事をもっと見る

体験観光

もっと見る
「体験観光」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る

地方創生

もっと見る
「地方創生」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る

インバウンド

もっと見る
「インバウンド」の記事をもっと見る