Logo sec

丹波黒ごまのチョコ、英品評会で金賞…宇治抹茶チョコにペースト状黒ごまチョコ

2017/12/21

 兵庫県丹波市特産の丹波黒ごまを使ったチョコレートが、国際品評会「インターナショナル・チョコレート・アワード2017」のホワイトチョコレートバー部門で金賞を受賞した。同市内で会見した生産組合関係者は「黒ごまの振興につながる」と喜んだ。

金賞受賞の丹波黒ごま入りチョコと芦田美智則組合長=兵庫県丹波市氷上町

 品評会は10月に英ロンドンで行われ、東京・銀座の高級チョコレート店「ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ」が出品。「ジャパンオールスター」と名付けられ、苦みと甘みがある宇治抹茶チョコの中にペースト状に練り込まれた黒ごまチョコが隠れ、芳醇な香りを楽しめる。

 丹波黒ごま生産組合によると、昨年3月、同店を経営する世界的パティシエ・ショコラティエの辻口博啓さんを直接訪ね、黒ごまのスイーツへの利用を提案したところ、話が進んだという。

 平成16年の同市誕生を機に栽培が始まった丹波黒ごまは今年度、4トン以上の出荷が見込まれている。将来は10トンを目指しているといい、同組合の芦田美智則組合長は「世界に通用する丹波黒ごまと評価された。生産に弾みがつく」と話した。

 受賞したチョコは、1枚(75グラム)1950円(税込み)。ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ銀座本店((電)03・6264・6838)やオンラインショップなどで販売している。

あわせて読む

「PR」の記事をもっと見る

地方創生

もっと見る
「地方創生」の記事をもっと見る 「飲食」の記事をもっと見る

兵庫県

もっと見る
「兵庫県」の記事をもっと見る 「菓子」の記事をもっと見る

グルメ

もっと見る
「グルメ」の記事をもっと見る