Logo sec

関空の年末年始国際線旅客、過去最高を更新

2017/12/15
関空の年末年始国際線旅客、過去最高を更新

 関西エアポートは15日、年末年始期間(12月22日~1月3日)に関西空港の国際線を利用する旅客数が87万6300人に上るとの予想を発表した。1日当たりの平均旅客数は前年比21%増の6万7400人となり、過去最高を更新する。

 関空エアポートによると、日本を訪れる外国人観光客の数が好調なことが影響しているとみている。

 ピークは、出発が12月28日の3万7200人で、到着は、12月23日の3万6900人。到着のピークが早いのはクリスマス時期の訪日観光客が多いためとみられる。

あわせて読む

訪日外国人旅行者数

もっと見る
「訪日外国人旅行者数」の記事をもっと見る 「交通」の記事をもっと見る 「運輸」の記事をもっと見る

アウトバウンド

もっと見る
「アウトバウンド」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る

関西国際空港

もっと見る
「関西国際空港」の記事をもっと見る 「関空」の記事をもっと見る

インバウンド

もっと見る
「インバウンド」の記事をもっと見る