Logo sec

失いたくない地元のグルメ店「絶メシリスト」 オリジナルCM公開 宣伝効果7億円超え 群馬

2017/12/06

 群馬県高崎市は、失うには惜しい地元の絶品グルメ店を紹介する情報サイト「絶メシリスト」の認知度を高めるため、オリジナルCMの公開を市のホームページや動画投稿サイト「ユーチューブ」で始めた。リストは他の自治体でも反響を呼んでおり、同様の試みが全国に広がる可能性もある。


公開が始まった絶メシリストのオリジナルCM(高崎市提供)

 同市出身で、伝説的なロックバンド「BOφWY」の元ベーシスト、松井常松さんが音楽を担当するなど地域にゆかりのある関係者が集まって製作。洋食や焼きまんじゅうなどを提供する5店の店主のインタビューや調理している姿などを紹介している。

 JR高崎駅西口の大型商業施設「高崎オーパ」の大型ビジョン、同駅の電子看板(デジタルサイネージ)、シネマテークたかさきなどでも順次公開予定。

 絶メシリストは9月から公開。これまでに25店を紹介し、反響は上々で多数のメディアで取り上げられている。サイトのページビュー(PV)数も60万を超え、「宣伝効果も7億円を超えた」(同市)という。

 プロのグルメライターらでつくる「絶メシ調査隊」が市民と関東在住者を対象に行った独自調査では、市民の約6割が「リストをきっかけに市への愛着と誇りを感じた」と回答。関東在住者の過半数も「リストのような取り組みを住む街でも実施した方が良い」と答えた。

あわせて読む

COOL JAPAN

もっと見る
「COOL JAPAN」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る 「食品」の記事をもっと見る

グルメ

もっと見る
「グルメ」の記事をもっと見る 「群馬」の記事をもっと見る