Logo sec

来年2月にワイン列車を運行 山梨の官民協議会がJR東と共同企画

2017/12/04

 山梨県の官民で組織する「峡東地域ワインリゾート推進協議会」は来年2月24~25日、「峡東ワインリゾートモニターツアー」(1泊2日)を実施する。中央線新宿-石和温泉駅を結び、車内でワインの試飲などができる「ワイン列車」を運行する。首都圏主要駅のびゅうプラザなどで発売した。

 JR東日本八王子支社との連携企画で実施は、今年の2月に続く2回目。募集人員は98人。新宿駅発着で、価格は3万2500円(1室2人)から。

 往路はお座敷列車。車内では専門家がワインの歴史や特徴を語るセミナーも。降車後は日本を代表するワインソムリエの田崎真也氏と楽しむワインテイスティングを企画している。

 宿泊は木創りの宿「きこり」、「ホテル平安」など5施設。2日目は峡東地域のワイナリーツアー4コースのほか、終日ワインタクシーで巡るフリーコースを設定した。

あわせて読む

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る

JR東日本

もっと見る
「JR東日本」の記事をもっと見る 「運輸」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る

グルメ

もっと見る
「グルメ」の記事をもっと見る