Logo sec

岡本太郎さんの夢を投影 太陽の塔がスクリーンに

2017/12/01
3Dプロジェクションマッピングで映像が試験投影された「太陽の塔」=30日夜、大阪府吹田市

 万博記念公園(大阪府吹田市)で12月1日から開催されるクリスマスイベント「イルミナイト万博Xmas」を前に「太陽の塔」をスクリーンにした3Dプロジェクションマッピングが30日、試験投影された。

3Dプロジェクションマッピングで色鮮やかに浮かび上がった「太陽の塔」。制作者である故岡本太郎氏の「夢」をテーマにした映像が試験投影された=30日夜、大阪府吹田市

 来年3月に太陽の塔の内部が一般公開されることから、今年の映像は、塔の制作者である故岡本太郎氏が見ている「夢」をテーマにした。映像には「生命の樹」などの岡本さんの作品や、太陽の塔のラフスケッチがちりばめられている。映像は約8分間。

 太陽の塔への投影は、12月1日から24日までの毎週金曜-日曜と25日。期間中、万博公園は午後9時まで開園。入園料は、大人250円、小中学生70円。

あわせて読む

COOL JAPAN

もっと見る
「COOL JAPAN」の記事をもっと見る

大阪市

もっと見る
「大阪市」の記事をもっと見る

体験観光

もっと見る
「体験観光」の記事をもっと見る 「人気」の記事をもっと見る

地方創生

もっと見る
「地方創生」の記事をもっと見る

大阪府

もっと見る
「大阪府」の記事をもっと見る 「万博」の記事をもっと見る