Logo sec

[連載]最新インバウンドビジネスinチャイナ(1)上海自由貿易試験区に化粧品センター開設

2017/11/30

中国政府が貿易や投資などの規制緩和を進めるために設けた「自由貿易試験区」(FTZ)をご存じでしょうか。

自由貿易試験区内に開設された化粧品交易センター

金融自由化や金融制度改革、産業構造改革や海外からの輸入促進を目的に2013年に上海に設立されたのをきっかけに天津市や広東省、浙江省など現在10カ所以上に設置されています。このうち、上海では2017年7月、FTZ内に「上海国際化粧品展示交易中心」(化粧品交易センター)が開設され、海外化粧品の輸入規制緩和を始めました。

これまでの審査制から試行的に届け出制へ移行。従来に比べて、審査(申し込みから許可までの)期間が短縮されたほか、届け出内容が大幅に緩和され、FTZ内での販売やBtoBのマッチングが容易に展開できるようになりました。また、届け出後の商品は従来必要だった中国表示ラベルが不要になり、商品を化粧品交易センターに送付した上で、リース契約した場所(棚)に設置となります。

商品の展示・販売までの大枠の流れは以下の通りです。

  1. 出展している企業の棚リース契約
  2. 化粧品交易センター委員会に届け出(1週間程度)
  3. 商品到着後ブースに設置
  4. 一定期間展示・販売展開

化粧品交易センターへの誘客は、上海市人民政府や化粧品交易センターを運営する委員会がバイヤーなどを誘致します。何より中国の方が重視するのは、本物であるかどうか。この化粧品交易センターに設置される商品は、“本物”と言う安心感をバイヤーに訴求できるのも魅力です。

多くの中国人バイヤーが足を運んでいる

現在、世界各国の化粧品メーカーなど27社が許可され、商品を展示ブースに出品にしています。日本の化粧品も数多く出品されていますが、中国に興味を持っている日本の化粧品メーカーなどにとって、この制度はとてもよいビジネスチャンスとなります。

中国でも日本への“爆買い”や“越境ECの隆盛”は伝えられており、政府も傍観している訳にはいかない事情もあります。越境ECを抑え、正規輸入を促進したい一つの具体策と言えるでしょう。

情報化時代とはいえ、具体的な状況や情報がつかめないのも事実。実際のビジネスにつながる大事な情報は現場(現地)にあります。上海を中心に、現地にいるからこそ分かるさまざまな情報や状況を、中国市場に興味を持つ多くの企業人の皆さんに発信していきます。

清水保之(しみず・やすゆき) Meeting Force/清保(上海)貿易有限公司総経理。大学卒業後、セールスプロモーションの会社に入社。化粧品・航空会社などを担当。子会社代表取締役社長、上海現地法人副総経理など経て2012年に独立、13年中国上海に清保(上海)貿易有限公司を設立した。日系企業と中国マーケットを結び付る具体的なプロモーション事業やコンサルタント事業を展開。ビジット・ジャパン・サロン(訪日インバウンドイベント)、日本の食と酒サロン、企業別プロモーションなどで定期的に上海と日本を行き来している。中小企業基盤整備機構 海外支援アドバイザー。

あわせて読む

「中国」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る

アウトバウンド

もっと見る
「アウトバウンド」の記事をもっと見る

化粧品

もっと見る
「化粧品」の記事をもっと見る

最新インバウンドビジネスinチャイナ

もっと見る
「最新インバウンドビジネスinチャイナ」の記事をもっと見る