Logo sec

岡山発 訪日客向けお土産ジーンズ誕生

2016/08/11

割安なOMIYAGEをお土産に

オーダータイプのジーンズなどを販売するベティスミス(岡山県倉敷市)は、主に訪日外国人をターゲットとした国産のジーンズを「OMIYAGE(オミヤゲ)JEANS」というブランドで本格展開する。

一般の国産ジーンズに比べて数割安い、手頃な価格で購入ができる点が特徴。

すでに全国の卸売業者に向けて供給しており、日本の土産物を販売する店舗を中心に、順次取り扱い店舗を拡大していきたい考えだ。

製品になる前の生地である原反は、ジーンズの種類に応じて数百反という単位で生産されるが、中途半端に余ってしまうケースがある。それを安く仕入れることによって、土産感覚で購入できるように加工したのがOMIYAGEジーンズだ。

目指すは全国展開

201608110756_1-300x0.jpg「OMIYAGE」ジーンズを手にする大島康弘社長=東京都渋谷区のベティスミス東京支店

ベティスミスは本社に隣接した形で「ジーンズミュージアム&ヴィレッジ」という施設を運営している。ミュージアムや体験工場などで構成されており、この中の縫製工場でOMIYAGEジーンズを生産。同施設を中心に地元で販売していた。

岡山空港には香港や台湾からの直行便が乗り入れているのに加え、倉敷美観地区など著名な観光地があるため訪日外国人が多い。

また、倉敷市の南端に位置する児島地区は国産ジーンズの発祥の地として知られ、OMIYAGEジーンズに対する評判もよい。

こうした実績を踏まえて全国展開を目指す。

帽子や財布 「エコ・ベティ」も

同ジーンズの価格は7,560円。一般のジーンズはトレンドを取り入れるが、メンズとレディースがそれぞれ1パターンで、「誰でも履けるベーシックなデザインとした」(大島康弘社長)。ウエストサイズはメンズの場合、75~100センチで 5センチ間隔とバリエーションを豊富にした。

一定量を取り扱う店舗に対しては、オリジナルののぼりと看板を提供して販促につなげていく。

ジーンズの生産過程では、デニムの残り生地が相当量発生する。ベティスミスでは、これを活用した帽子や財布などのリサイクル製品を「エコ・ベティ」というブランドで製造販売している。

あわせて読む

みやげ

もっと見る
「みやげ」の記事をもっと見る

岡山県

もっと見る
「岡山県」の記事をもっと見る

製造業

もっと見る
「製造業」の記事をもっと見る