Logo sec

ビジネスジェット供給過剰、新型機でも大幅値引き 定価で購入の顧客不満

2017/11/16

 ビジネス(プライベート)ジェットは約180億ドル(約2兆円)の巨大市場だが、近年、飽和状態となっている。各社は生産体制にブレーキをかけたものの新型機の大幅な値引きや中古機価格の下落は止まらず、定価で購入した顧客には不満を抱く人も。市場シェアのためには新型機の投入も止められず、各社は難しいかじ取りを迫られている。

 「トランプ効果」不発

 ジェット機の供給過剰は、8月の中古機価格が前年同月比16%減となった一因だ。総飛行時間の少ない中古機も大幅値引きの対象となる中、メーカーは新型機についても購買意欲を高めるような条件を提示している。

 航空業界コンサルタントのローランド・ビンセント氏によれば、米ガルフストリームは新型「G500」の来年初めの市場投入を前に、生産を縮小している「G450」のメーカー希望小売価格を約4300万ドルと、最大35%値下げ。カナダのボンバルディアは競合に打ち勝つため、定価約2600万ドルの「チャレンジャー350」を最大700万ドルの値引きで提供している。同社は業界全体で見られる自家用機の売り上げ低迷のあおりで苦境に陥る中、小型旅客機「Cシリーズ」の販売でも苦戦している。

ガルフストリームの「G500」(ブルームバーグ)

 新型機が大幅値引きされたことで「ほぼ定価で購入した顧客が不満を募らせている」と、ビジネスジェット専門のコンサル会社CAAPの創立者、バリー・ジャスティス氏は話す。

 両社を含む多くの大手航空機メーカーは、個人や企業向け航空機の需要低下を受け、ここ数年で一定規模の減産体制に入っていた。だがビジネスジェット業界のコンサルタントや仲介業者、アナリストは、それだけでは価格下落に歯止めをかけるには不十分だったとみている。

 ボーイング757型機を自家用ジェットとして所有するトランプ米大統領の誕生によって楽観的な見方が業界に広がり、販売を促進する減税導入への期待も生まれた。だがそれは過去の話で、代わりに暗いニュースが続いている。プライス米厚生長官は公費によるチャーター機の不適切な使用が批判を浴びて辞任し、米ゼネラル・エレクトリック(GE)は経費削減の一環で社用機を手放した。「トランプフィーバーは終わった」と、ヒューストンを拠点とする航空機仲介業者のジャニン・イアンナネッリ氏は語る。

 市場に安定をもたらす頼みの綱が社用ジェット機の新規需要だが、残念ながらこちらも伸びそうにない。1500社以上を調査した米ハネウェル・インターナショナルの年次報告書によると、社用機購入の計画は過去17年で最低水準にある。買い替えや追加購入によって今後5年間の企業所有機数は19%増加する見込みだが、昨年の調査より8%低下した。

 世界のビジネスジェット市場は米国の直近の景気後退から完全には回復していない。新造機の納入数は2007、08年には1000機以上だったが、15年は689機、16年は657機。米銀JPモルガン・チェースは今年について630機に減少すると予想。

 こうした中で、中古機の買い手市場が活発になっている。航空機仲介業者、ジェットクラフトのリポートによると、5年落ちの中古機の平均売却価格は08年には元値の91%、12年は64%だったが、16年は56%まで下がった。破格の値引きとあって、一部の企業と富裕な個人はここに来て初めて中古機を購入している。CAAPのジャスティス氏は「大型ジェットは過剰生産されているが、6000万ドル超の買い物をしようという人は世界に数少ない。そのため人々は中古機市場に向かっているが、現在の中古機価格は異常だ」と語る。

 新モデルも続々登場

 一方で新モデルも続々と登場予定だ。「これはどのメーカーが先に譲歩するかの問題。譲歩すれば市場シェアを失う」(ビンセント氏)ためで、ボンバルディアは来年、機体サイズや航続距離でガルフストリームの「G650ER」に匹敵する「グローバル7000」を投入する。米テキストロン傘下のセスナも中型機「ロングチュード」の出荷を控えている。小型機市場では、スイスのピラタスは同社初のビジネスジェット「PC24」を販売。ホンダは15年末に「ホンダジェット」の納入を開始した。

 ハネウェル米国航空部門のベン・ドリッグス社長は「中古機より高性能で最新技術を搭載した新モデルの登場は、新造機の販売増加に貢献するはずだ。18年以降も新造機の納入増加を見込んでいる」との期待を示す。

 もっとも、ボンバルディアはジェット機の在庫増加に伴い15年に生産速度を下げ、結果的に営業利益は増加して同社の中古機価格の維持につながっている。同社広報担当者は「これは正しい方向への一歩だ。だが市場全体が安心するのはまだ早い」と話している。(ブルームバーグ Thomas Black)

あわせて読む

製造業

もっと見る
「製造業」の記事をもっと見る 「交通」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る

航空機

もっと見る
「航空機」の記事をもっと見る

航空会社

もっと見る
「航空会社」の記事をもっと見る