Logo sec

オリエンタルランド最高益、9月中間 アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」好評

2017/11/01

 オリエンタルランドが30日発表した2017年9月中間連結決算は、最終利益が前年同期比11.5%増の424億円で、上半期として過去最高だった。季節に合わせて開いた期間限定イベントや、新型アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」が好評で、テーマパークの入園者が増えた。

 売上高も2.2%増の2325億円と最高だった。東京ディズニーランドと東京ディズニーシーを合わせた4~9月の入園者数は、上半期として4年ぶりに前年実績を上回った。入園チケットの値上げも寄与した。

 18年3月期の業績見通しは、従来予想を据え置き、売上高が前期比1.8%減の4693億円、最終利益が14.0%減の708億円とした。横田明宜取締役常務執行役員は30日の決算会見で「天候によって入園者数が数%ぶれることがある。下半期の悪天候リスクを踏まえて慎重に判断した」と話した。

あわせて読む

データ

もっと見る
「データ」の記事をもっと見る

テーマパーク

もっと見る
「テーマパーク」の記事をもっと見る

東京ディズニーリゾート

もっと見る
「東京ディズニーリゾート」の記事をもっと見る 「決算」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る