Logo sec

西新宿に日本最高階数の60階建てマンション完成 三菱地所

2017/10/24
マンションとして日本最高階数の「ザ・パークハウス西新宿タワー60」=東京都新宿区

 三菱地所レジデンスは23日、東京都新宿区の木造住宅密集地域で開発を進めてきた超高層マンション「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」が完成したと発表した。

 マンションとしては日本最高階数の60階で総戸数は954。眺望性に優れたビューラウンジ&バーやゲストルームなど充実した共用スペースが売り物で、販売分の住戸(777戸)は2年前に完売している。

 首都圏のマンション市場は、こうした超高層物件や大規模物件が牽引(けんいん)役を担っている。

 住友不動産が開発を進める「シティタワーズ東京ベイ」(東京都江東区、総戸数1539戸)は第一期販売分(300戸)がほぼ完売。利便性を重視するファミリー層の間で人気を集めた。

 野村不動産の「プラウドシティ大田六郷」(同大田区)は632戸のうち500戸をすでに供給。ライブラリーなど共用施設を充実させながら4000万円台中心の価格帯という割安感が、主に20~30代の顧客層を引きつけている。

 ただ、東京圏では用地取得が難しく、とくに300戸以上クラスの物件に適した土地が極めて少ないのが現状だ。このため「再開発や建て替え事業の比率を高めていく」(三菱地所レジデンスの脇英美社長)といった戦略が、大手デベロッパーの間で加速しそうだ。

あわせて読む

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る 「東京」の記事をもっと見る

三菱地所レジデンス

もっと見る
「三菱地所レジデンス」の記事をもっと見る

マンション

もっと見る
「マンション」の記事をもっと見る