Logo sec

トヨタ、22年ぶり新型タクシー 車体3色のみ「東京五輪おもてなし世界一に」

2017/10/24

 

トヨタ自動車が発売した新型タクシー「ジャパンタクシー」=23日午後、東京都江東区

 トヨタ自動車は23日、後部座席を広くするなど「おもてなし」を意識した設計の新型タクシー「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」を発売した。タクシー専用の新型車は1995年以来、22年ぶり。2020年の東京五輪・パラリンピックに向けてタクシー会社に導入を促す。

 トヨタのタクシーは国内市場の約9割を占める。現在は3車種を生産しているが、来年1月にいずれも生産を停止し、新型タクシーの1車種とする。タクシー会社の要望に応じて塗装していた車体は濃い藍、黒、白の3色に絞り、タクシーのイメージ統一を目指す。

 月間販売目標は千台。23日に東京都内で開いた出発式で、トヨタの豊田章男社長は「安心と安全、清潔が日本のタクシーの国際的な競争力だ。世界一にしたい」と語った。

あわせて読む

「運輸」の記事をもっと見る

タクシー

もっと見る
「タクシー」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る

トヨタ

もっと見る
「トヨタ」の記事をもっと見る