Logo sec

今年も「茨城」が魅力度最下位 5年連続ワースト ブランド総研調査

2017/10/10
連続テレビ小説「ひよっこ」の撮影風景。「茨城県は都心から近くロケに最適」と担当者はアピールしている(茨城県フィルムコミッション提供)

茨城は5年連続ワーストの屈辱―。全国の自治体の魅力度の順位付けを行っている民間調査会社「ブランド総合研究所」(東京都港区)が10月10日発表した都道府県魅力度ランキングで、茨城県が5年連続で全国最下位となり、今回も汚名を払拭できなかった。

「ひよっこ」効果なし?

トップは9年連続で北海道。2位は京都府、3位は東京都、4位は沖縄県、5位は神奈川県。上位7位までは昨年と変わらなかった。魅力度ランキングで最下位が“定位置”になりつつある茨城県では、県や水戸市などでさまざまなイメージアップ作戦を展開。今年、人気を集めた連続テレビ小説「ひよっこ」の舞台にもなったが、最下位脱出はかなわなかった。

また、前年の調査で下位グループに北関東の栃木県(46位)や群馬県(45位)が甘んじていたが、今年はそれぞれ43位、41位と順位を上げた。

あわせて読む

COOL JAPAN

もっと見る
「COOL JAPAN」の記事をもっと見る

茨城県

もっと見る
「茨城県」の記事をもっと見る