Logo sec

「ファティマの聖母」秋田入り、「涙流したマリア像」と対面 東西の“奇跡”に多くの巡礼者

2017/09/14
201709141531_1-300x0.jpgファティマの聖堂にある聖母像(左、ロイター)と秋田・聖体奉仕会の聖母像(渡辺浩撮影)

第一次大戦中にポルトガル中部ファティマに聖母マリアが現れたと伝えられる「ファティマの奇跡」から100年を迎えたのを機に日本国内を巡回しているファティマの聖母像が、「涙を流したマリア像」で知られる秋田市添川湯沢台のカトリック女子修道院「聖体奉仕会」に到着した。14、15の両日、国内外からの多くの巡礼者が「東西の奇跡」が対面する場で祈りをささげる。

ファティマの奇跡は1917年5月13日、ファティマで3人の羊飼いの子供の前に聖母マリアが現れ、毎月13日に同じ場所に来るよう告げたことから始まる伝承。ローマ法王庁(バチカン)は30年、ファティマでの出来事を奇跡である「聖母の出現」と公認した。

一方、秋田の聖体奉仕会の聖母像は台座を含めた高さ120センチの木彫りの像。昭和50(1975)年1月4日から56年9月15日まで101回、涙を流したとされる。秋田県を管轄する新潟教区司教は59年、「秋田の聖母に対して崇敬をあらわすことを禁じない」との書簡を発表して事実上公認。法王庁のラッツィンガー枢機卿(後の法王ベネディクト16世)に受理された。

ファティマの聖母像は14、15の両日に聖体奉仕会に安置され、在日法王庁大使館のパヴェル・オビエジンスキー参事官も参列してミサなどが行われる。

あわせて読む

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る

秋田県

もっと見る
「秋田県」の記事をもっと見る