Logo sec

発足30年、「ななつ星」のJR九が目指した世界最高の旅

2017/09/01

JR九州(本社・福岡市博多区)は、昭和62年の会社発足から30年を迎えた。厳しい経営環境での船出だったが、輸送力や接客サービスの向上に取り組み、豪華寝台列車「ななつ星in九州」など新たな魅力を生み出した。度重なる災害からの復旧、まちづくり企業への成長など、同社が発行した30年史から、その歩みを振り返った。(高瀬真由子)

リーマン・ショックの余波

201709011629_1-300x0.jpgななつ星in九州」は沿線住民の歓迎が大きな魅力になっている25年10月に運行を開始した。

「九州を巡る豪華寝台列車をつくりたい」。当時社長の唐池恒二会長の思いが、原動力だった。

「ビジネスとして成り立つのか」。構想を提示した21年は、リーマン・ショックの余波が残っていた。それでも世界最高の旅を目指し、車両制作が始まった。

「本当の贅沢(ぜいたく)」を追求した。驚きや感動を与える料理に加え、有田焼や大川組子など、九州の匠の技を内装に取り入れた。

妥協は一切なかった。厨房(ちゅうぼう)の配置は3度も変えた。「あなたたちは本当につくる気があるのか」。車両メーカーの設計担当者はあきれたという。

シャワーブースは、スタッフがメーカーに出向き、気持ちのよい水量を自分で浴びて検証した。

SL復活、観光列車…あふれるアイデア

201709011629_2-300x0.jpg「SL人吉」プロジェクトに取り組んだメンバー■

手掛けた列車は「ななつ星」だけではない。熊本―人吉を走る「SL人吉」は、引退していた大正時代製造の蒸気機関車(SL)を、観光列車としてよみがえらせた。実現にOBらが集結した。古い図面を頼りに、部品の加工やボイラーの修復に汗を流した。

観光列車「指宿のたまて箱」は、九州新幹線全線開業(平成23年)の効果を広げた。日南線の「海幸山幸」などは、その土地ゆかりの物語を味わえる。JR九州はD&S(デザイン&ストーリー)列車と呼ぶ。

熊本地震…災害との闘い

トンネル付近で、とぐろを巻くレール。平成24年7月、九州北部を豪雨が襲った。水圧によって豊肥線のレールが、何十メートルにもわたって押し流された。

今年7月にも同じ北部九州を豪雨が襲った。大分県日田市の久大線で、鉄橋が流された。復旧作業は今も続く。

鉄道運行は、災害との闘いでもある。

昨年4月、熊本地震で九州新幹線の回送列車が脱線し、橋脚なども損傷した。

前例のない復旧作業だった。車両を再びレールに載せる「載線」に挑んだ。ジャッキで車両を持ち上げ、傾斜したレールに戻した。過去の在来線での復旧作業を生かし、成功させた。

大動脈である新幹線の再開は、被災地復旧に欠かせない。JR九州の協力会社だけでなく、JR各社が結束し、総力を挙げた。工期短縮を図る工法など、これまでに培ったノウハウを駆使した。

タイ・バンコクにも進出…不動産開発見据え 飽くなき挑戦

201709011629_3-300x0.jpg 株式上場を果たした平成28年10月、東京証券取引所には歴代社長らが集まった

昨年10月、東京証券取引所への上場を果たした。

 

完全民営化は、会社発足から4年後の平成3年、方針として中期経営計画に明記されていたという。

発足30年を迎えた今年5月、不動産開発事業の展開を見据え、タイのバンコクに現地事務所を設置した。同国を中心に、東南アジアで分譲マンションやホテル開発などに取り組む。

国鉄改革から30年。上場達成も「これからがスタート」と幹部は口をそろえる。進行中のプロジェクトは多い。事業を大胆に展開する社風で、今後も積極策に出る。

30年史で青柳俊彦社長は「着実に鉄道を強靭(きょうじん)なものへと進化させることができた。30年続けてきた『挑戦の姿勢』を、これからも継承していく」と強調した。

あわせて読む

「九州」の記事をもっと見る

JR九州

もっと見る
「JR九州」の記事をもっと見る