Logo sec

「飲酒は品格損なう」松本城ビールフェス中止 市民から疑問の声も

2017/08/25

長野県松本市の松本城公園で、毎年9月に開催されていた恒例の地ビールフェスティバルが、今年は中止を余儀なくされた。公園を管理する松本市教育委員会が「飲酒は国宝松本城の品格を損なう」として、実行委員会に自粛を要請したのがきっかけ。過去3年で5万人以上を集めた人気イベントだけに、市民から疑問の声が上がっている。

201708251524_1-300x0.jpg2016年に開催した「ビアフェス信州クラフトビールフェスティバルin松本」=長野県松本市

「品格ある方の入店お断り」。フェスの中止が決まった7月末、市内のとある居酒屋の入り口に、行政の対応を皮肉った張り紙が登場した。

「ビアフェス信州クラフトビールフェスティバルin松本」は平成26年に始まり、松本城と北アルプスの景観を楽しみながら地ビールが味わえると話題だった。実行委は客への注意を徹底し、これまで騒音や酩酊などのトラブルはなかったという。地元の中信小売酒販組合の輿正清理事長は「飲酒自体が悪いと言われているようだ」と憤る。

市教委などによると、イベントが成功する一方で、市役所内には史跡での飲酒への疑問が根強く残っていたという。

あわせて読む

地方創生

もっと見る
「地方創生」の記事をもっと見る 「飲食」の記事をもっと見る

長野県

もっと見る
「長野県」の記事をもっと見る

文化財

もっと見る
「文化財」の記事をもっと見る