Logo sec

訪日客のレンタカーでの事故防げ 国交省、ETC2.0活用し、危険箇所の割り出し調査へ

2017/08/25

国土交通省は8月23日、訪日外国人旅行者が運転するレンタカーでの交通事故を防ごうと、運転のミスをしやすいなど危険性が高い場所を割り出す調査を今秋実施すると発表した。調査対象は全国5カ所程度で、北海道や九州、沖縄などレンタカーを利用する訪日客が多い観光地を抱える地域から今後選ぶ。

201708251516_1-300x0.jpg外国人観光客の利用が多い関西空港のレンタカーカウンター=大阪府泉佐野市

調査では、事前の同意を得た上で、訪日客が運転する車に搭載された自動料金収受システム「ETC2.0」を使って、走行経路や急ブレーキを踏んだ場所などのデータを収集する。日本語のみで表記された標識が設置されているなど、外国人が事故を起こしやすい場所を特定。イラストや複数の言語を用いた標識に改めるなどして再発防止を図る。

国交省によると、2015年にレンタカーを利用した訪日客は約71万人で、11年の4倍の水準となっている。レンタカー全体の死傷事故が減少する中、訪日客による事故は増加傾向にあるとみられる。

あわせて読む

「交通」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る

国土交通省

もっと見る
「国土交通省」の記事をもっと見る

レンタカー

もっと見る
「レンタカー」の記事をもっと見る