Logo sec

7月の訪日客数は268万1500人 単月として過去最高更新

2017/08/17
p>日本政府観光局(JNTO)が8月16日発表した7月の訪日外国人観光客数(推計値)は、前年同月比16.8%増の268万1500人となり、今年4月の257万8970人を上回り、単月として過去最高を更新した。

夏期休暇のシーズンを迎え、旅行需要が高まる中で、航空路線の新規就航や増便、訪日クルーズの就航の増加が追い風となった。

国・地域別では中国が6.8%増の78万800人と最も多く、次いで韓国が44.1%増の64万4000人、台湾が12.5%増の44万6600人、香港が27.1%増の23万4600人。この4カ国・地域はともに単月として過去最高だった。また、米国やシンガポール、フランス、ドイツなど11カ国で7月として過去最高を記録した。

ただ、マレーシアやインドネシアは断食明けの大祭休暇が前年の7月から6月に移った影響を受けて減少するなど東南アジアは伸び悩んだ。

1~7月累計は前年同期比17.3%増の1643万8800人で、昨年の年間2403万9000人を上回るペースとなっている。

記者会見した田村明比古観光庁長官は、2020年に年間4000万人とする目標に向け「順調に推移している」と述べた。今後の課題として、繰り返し訪れるリピーターを増やすため、地方部へのてこ入れの必要性を強調した。

あわせて読む

「中国」の記事をもっと見る 「韓国」の記事をもっと見る 「JNTO」の記事をもっと見る 「台湾」の記事をもっと見る

日本政府観光局

もっと見る
「日本政府観光局」の記事をもっと見る

訪日外国人旅行者数

もっと見る
「訪日外国人旅行者数」の記事をもっと見る 「香港」の記事をもっと見る