Logo sec

ビットコイン新通貨「BCC」が売買開始 値動き大きく9万円弱の高値も

2017/08/03

インターネット上の仮想通貨「ビットコイン(BTC)」から分裂した新たな仮想通貨「ビットコインキャッシュ(BCC)」の取引が8月2日、国内取引所で始まった。多くの取引所がビットコインの入出金を再開。利用者が分裂時に持っていたビットコインと同数のBCCの付与も一部で始まり、保有者は分裂に伴う“利益”を得た形だ。

201708031317_1-300x0.jpgビットコイン(ロイター)

取引所運営のBTCボックスは2日、BCCの取引を開始。夕方までに1BCC=1万~8万8000円の幅で取引され、「値動きは大きい」(同社)という。国内最大規模の取引所を運営するビットフライヤーも取引を始め、価格は1BCC=5万円前後で推移した。

一方、ビットポイントジャパンは、BCCの出し入れや付与を3日に延期した。「BCCのシステムがまだ安定していないため」と説明する。テックビューロは取引開始を検討中だ。

ビットコインは1日夜に2つに分裂し、2日未明にBCCの誕生が正式に発表された。国内取引所は混乱を避けるため、ビットコインの入金など一部サービスを停止する対応をとったが、順次再開した。

業界団体の日本仮想通貨事業者協会は「ビットコインは特段の支障なく安定稼働している。BCCも稼働が確認された」とコメントした。ビットフライヤーはBCCが「恒久的なものになる」と期待を寄せる。

ただ、BCCは取引の記録に時間がかかっており、市場に受け入れられるかは見通せない状況だ。

あわせて読む

「決済」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る

ビットコイン

もっと見る
「ビットコイン」の記事をもっと見る