Logo sec

「シン・ゴジラ」「君の名は。」…H2Oリテイリング、東宝効果で経常益2.2倍 4~6月期

2017/07/28
201707281658_1-300x0.jpg映画界に旋風を巻き起こした「君の名は。」(C)2016「君の名は。」製作委員会

阪急阪神百貨店などを運営するエイチ・ツー・オーリテイリングが7月27日発表した平成29年4~6月期連結決算は、売上高が前年同期比0.8%減の2123億円、本業のもうけを示す営業利益は19.8%増の36億円、最終利益は29.8%増の40億円だった。傘下スーパーのイズミヤが店舗再編で9店を閉店したため減収となったが、好調な百貨店事業が利益を押し上げた。

経常利益は前年同期から2.2倍の46億円と大幅に伸びた。30年秋に中国・寧波に出店する資金の為替予約で評価益が生じたほか、株式を持つ東宝が映画「シン・ゴジラ」「君の名は。」の大ヒットで増配したことなどが寄与した。

あわせて読む

COOL JAPAN

もっと見る
「COOL JAPAN」の記事をもっと見る

流通業

もっと見る
「流通業」の記事をもっと見る

データ

もっと見る
「データ」の記事をもっと見る 「決算」の記事をもっと見る

H20リテイリング

もっと見る
「H20リテイリング」の記事をもっと見る

阪急阪神百貨店

もっと見る
「阪急阪神百貨店」の記事をもっと見る 「東宝」の記事をもっと見る