Logo sec

「ロボカップ」世界大会、競技始まる…サッカーなど計5部門で、400チームが技術披露

2017/07/27
201707272001_1-300x0.jpg「ロボカップ2017名古屋世界大会」でサッカーをするロボット=27日午前、名古屋市

名古屋市国際展示場(港区)などで開かれている「ロボカップ2017名古屋世界大会」が7月27日、サッカーなどでロボットの性能を比べる競技を開始した。参加している約40の国と地域の約400チームがロボットに組み込んだ技術を披露した。

日本からも約50チームが出場。2016年にドイツで開かれた前回大会では、千葉工業大のチームが子供サイズの人型ロボットのサッカーで3位に入るなど、日本勢も健闘している。

競技はサッカーのほか、災害時を想定して救助活動の技量を見る「レスキュー」や、家事の手伝いの能力を競う「ホーム」など計5部門。

1997年に名古屋で1回目の大会が開かれて以来、毎年開催されている。05年に大阪で開かれるなど国内では4回目。

あわせて読む

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る 「MICE」の記事をもっと見る

名古屋市

もっと見る
「名古屋市」の記事をもっと見る 「IT」の記事をもっと見る 「AI」の記事をもっと見る

ロボット

もっと見る
「ロボット」の記事をもっと見る