Logo sec

任天堂、スイッチ好調で売上高2.5倍 4~6月期決算、212億円の黒字に転換

2017/07/26

任天堂(本社・京都市南区)が7月26日発表した2017年4~6月期連結決算は、売上高が前年同期比約2.5倍の1540億円、最終損益は245億円の赤字から212億円の黒字に転換した。今年3月に発売した家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」や関連ソフトの販売が好調で、業績が大幅に改善した。

201707271050_1-300x0.jpg任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」

4~6月のスイッチの世界販売台数は197万台で、3月からの累計販売台数は470万台に伸びた。国内でも累計112万台売れ、ヒット商品になっている。18年3月末までに世界で1000万台販売する計画の達成に向け、広報担当者は「順調な売れ行き」と説明している。

スイッチ向けソフトも「マリオカート」や「ゼルダの伝説」などの売り上げが拡大し、累計販売は1360万本に達した。一方、携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」本体の販売台数は微増にとどまり、ソフト販売は大きく減少した。

スマートフォン向けゲーム配信を中心とするスマートデバイス事業も「スーパーマリオ ラン」などが貢献し、売り上げが好調に推移した。関連会社が手掛けるスマホ向けゲーム「ポケモンGO」も、低下傾向にあるものの利益の押し上げ要因となった。

18年3月期の連結業績予想は、売上高が前期比53.3%増の7500億円、前期に米球団の売却益があった反動が出る最終利益は56.1%減の450億円とする計画を据え置いた。

あわせて読む

COOL JAPAN

もっと見る
「COOL JAPAN」の記事をもっと見る

データ

もっと見る
「データ」の記事をもっと見る 「決算」の記事をもっと見る

任天堂

もっと見る
「任天堂」の記事をもっと見る

ゲーム

もっと見る
「ゲーム」の記事をもっと見る