Logo sec

浴衣美女が続々 モスクワでコンテスト、“日本の夏”満喫

2017/07/18

【モスクワ=黒川信雄】モスクワ中心部のゴーリキー公園で15日、日本文化の紹介イベント「J-FEST」が開催され、多くの市民が盆踊りや日本食、勇壮な和太鼓演奏などを楽しんだ。イベントでは浴衣の愛好家らが出場する「浴衣コンテスト」も行われ、会場を盛り上げた。

201707181306_1.jpg15日、モスクワで開催された「J-FEST」の浴衣コンテスト出場者ら(黒川信雄撮影)

出場者のエカテリーナさん(20)は「原宿ファッションが大好き。この浴衣も“キラキラ”しているので好き」と語り、東京・原宿を訪れた際に購入したという浴衣を着て笑顔を見せた。日本語を6年間学んでいるというアンナさん(19)も、母親とともに購入した青色の浴衣が自身の金髪に似合っていると感じており、気に入っていると語った。来年は両国政府が相互の交流強化で合意していることから、「何かの役に立ちたい」とも述べた。

モスクワは今年、異常な冷夏に見舞われ、強い雨や雷の日が続いているが、この日は夏らしい天候に恵まれ気温も上昇。来場者らは、珍しい日本の夏祭りの雰囲気を楽しんでいた。

あわせて読む

伝統文化

もっと見る
「伝統文化」の記事をもっと見る

ロシア

もっと見る
「ロシア」の記事をもっと見る 「浴衣」の記事をもっと見る