Logo sec

JR東日本のお土産グランプリ 洋菓子「バターフィナンシェ」が総合部門の頂点に

2017/07/14

JR東日本(本社・東京都渋谷区)は7月13日、管内の1都16県からエントリーされた128種類のお土産から、一番贈りたいものを投票する「おみやげグランプリ」の総合グランプリに、洋菓子「バターフィナンシェ」(東京都)が選ばれたと発表した。

201707141125_1.jpg「おみやげグランプリ」で、総合グランプリに選ばれた東京都の「バターフィナンシェ」=13日午前、東京都港区(共同)

JRが4月に発足30年を迎えたのを記念して企画され、各都県の駅や駅ビルで売られている菓子などの土産が対象で、投票はホームページやはがきで実施し、投票総数は計9万4300票だった。バターフィナンシェは主に新宿駅で売られ、4個入りが864円。

4部門ごとの金賞も発表。お菓子部門は「桔梗信玄餅」(山梨県)、食品部門は「三陸海宝漬」(岩手県)、地酒部門は「上越線ビール」(群馬県)、工芸品部門は「SUWADAつめ切り CLASSIC」(新潟県)だった。

あわせて読む

みやげ

もっと見る
「みやげ」の記事をもっと見る

JR東日本

もっと見る
「JR東日本」の記事をもっと見る