Logo sec

福岡「沖ノ島」の世界遺産登録、国内21件目 一部除外の勧告から一転、全8資産一括 

2017/07/10

ポーランドのクラクフで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は7月8日、古代東アジアの交流にまつわる沖ノ島など、「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」(福岡県)を構成する8つの史跡全てを世界文化遺産に登録することを決めた。

201707101240_1-300x0.jpg福岡県宗像市の沖ノ島。手前の岩礁は(左から)小屋島、御門柱、天狗岩

事前審査をしたユネスコ諮問機関のイコモスが5月、沖ノ島と周辺の岩礁を登録し、本土側の宗像大社など4つを除外するよう求めた勧告を覆す一括登録となった。日本国内の世界遺産は昨年の「国立西洋美術館」(東京都)に続き21件目。文化遺産が17件、自然遺産が4件となる。

宗像・沖ノ島は、沖ノ島と3つの岩礁(福岡県宗像市)、九州本土の宗像大社(同)、新原(しんばる)・奴山(ぬやま)古墳群(福津市)など8つの国指定史跡で構成する。

沖ノ島は、九州と朝鮮半島の間に位置し、4~9世紀に航海安全や交流成就を祈る国家的祭祀(さいし)が行われた。入島制限の禁忌が守られ、自然崇拝に基づいた古代祭祀の変遷を示す遺跡がほぼ手つかずで残る。奉献品約8万点が出土し、“海の正倉院”とも呼ばれる。

宗像大社は、島そのものが神体である沖ノ島の沖津宮と沖ノ島を拝む遥拝所(ようはいしょ)のある大島の中津宮、本土の辺津宮(へつみや)からなる。古墳群は信仰を育んだ豪族、宗像氏の存在を物語っている。

政府は、島を信仰対象とする伝統が受け継がれている世界でもまれな例として昨年1月、推薦書を提出。イコモスは、沖ノ島の考古学的価値を認めた一方、現在の宗像大社に古代の信仰が継承されているとは確認できないとして、「『神宿る島』沖ノ島」への名称変更を求めていた。

政府は来夏の世界遺産委で、キリスト教の信仰が禁教下で継続されたことを示す「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎県、熊本県)の登録を目指している。

海洋信仰の文化に理解、ロビー活動が奏功 厳しい勧告覆す

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産への一括登録が決まった「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」(福岡県)。諮問機関のイコモスの勧告通り沖ノ島周辺のみか、全8史跡かが注目された世界遺産委員会の審議では、ほとんどの委員国代表が8つで一つの文化や信仰を示すという日本側の主張に理解を示した。政府関係者らのロビー活動が功を奏し、一体的な海洋信仰の文化の継承が認められた。

201707101240_2-300x0.jpg沖ノ島にある宗像大社沖津宮の社殿=福岡県宗像市

推薦書では、沖ノ島に対する信仰が宗像三女神信仰に発展したとしていたが、イコモスは継承性が確認できないとした。審議では、文化的・歴史的に結びついた一体のものとされたほか、航海安全を祈願する信仰が続いていることや航海に関する遺産が少なく貴重であることも評価された。

勧告で本土の宗像大社などが除外とされた理由について、昭和29~46年の沖ノ島の発掘調査に携わった小田富士雄・福岡大名誉教授は「沖ノ島では考古学的物証が数多く出土し、古代の自然崇拝は外国人に理解しやすい。考古学のほかに神話なども説明しており、信仰が断絶しているように見えた可能性がある」と指摘。その上で、考古学上も全体としての価値を説明できることを強調する。

沖ノ島と本土側との一体性を航海技術の観点から指摘するのは、元国土交通省港湾技術研究所部長の海洋史研究家、長野正孝氏だ。

宗像大社の三宮を結んだ延長線上に対馬や朝鮮半島へ渡る海の道がある。辺津宮付近の古代の地形だと潮の満ち引きを利用して出入りでき、集散する舟でにぎわった可能性があるという。「朝鮮半島と九州北部沿岸を結ぶ交易ルートは、複数の都市国家が風待ちや水と食糧の補給などで連携した一体的な海洋国家と捉えるべきだ」と話している。

海人族の歴史に誇り “絶海の孤島”だけに複雑な思いも

福岡県の「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」が9日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されることになった。遺産の核となる沖ノ島は厳しい入島制限に守られてきた沖合約60キロの“絶海の孤島”だけに、関係者には「歓迎」だけでは割り切れない思いも残る。

登録された沖ノ島ではこれまでに、精巧な細工の金製指輪やペルシャのカットグラス碗(わん)片などが出土。約8万点が国宝に指定され、同県宗像市の本土にある宗像大社の神宝館で収蔵・展示されている。ただ、島自体に立ち入れないため、観光関係者の間では旅行会社が市へのツアーを組むか心配する声もある。

世界遺産を目指す活動に長年取り組んできた宗像観光協会の小林正勝会長(57)は「商業的な考え方と入島制限という相容れない見解がある中で、登録推進のコンセンサスを得るのに時間がかかった」と振り返る。登録については「入島制限の禁忌が続いてきたから今日がある。海人族の歴史に誇りを持てる」と歓迎する。

また、沖ノ島の映像や古代祭祀(さいし)のジオラマなどを展示する同市の「海の道むなかた館」で地域学芸員として小学生の体験学習の支援などをしている園元かをりさん(58)は「日本の歴史の中で、宗像がどのような位置を占めていたかを、分かりやすく説明できれば」と意気込む。

登録により、島に近付くプレジャーボート増加などの課題も浮かびそうだ。好漁場として知られる沖ノ島周辺では多くの漁船が操業しており、宗像漁業協同組合の中村忠彦組合長(66)は「私たちは沖ノ島を大切にしてきた。それは登録後も変わらない」と前置きし、漁場が荒らされることを危惧する。対策を協議するため、近く県や市などと会合を行う予定だ。

福岡県の小川洋知事はユネスコ世界遺産委員会の登録審査を見守るため、開催地のポーランドへ向かったが、福岡、大分両県を襲った九州豪雨への対応のため、経由地のフィンランドで引き返し、7日に緊急帰国。救助や被災者支援など災害対応に当たっている。

あわせて読む

伝統文化

もっと見る
「伝統文化」の記事をもっと見る

文化庁

もっと見る
「文化庁」の記事をもっと見る

福岡県

もっと見る
「福岡県」の記事をもっと見る

世界遺産

もっと見る
「世界遺産」の記事をもっと見る