Logo sec

「止まれ」の下に「STOP」 英語併記標識に切り替えスタート 全国の観光地周辺

2017/07/03
201707031939_1.jpg英語を併記した道路標識(右)に取り替える作業員=1日午前、大阪市北区(志儀駒貴撮影)

増加傾向が続く訪日外国人観光客のドライバーらに対応しようと、一時停止を示す道路標識「止まれ」の下に「STOP」と英語で併記した新しいデザインに切り替える作業が7月1日、全国の観光地周辺などを中心に始まった。

2020年の東京五輪・パラリンピックを見据え、レンタカーを利用する外国人観光客らに標識を理解してもらうための措置。徐行や前方優先道路を示す標識にも「SLOW」と併記する。

警察庁によると、全国には一時停止が約170万カ所、徐行は約1000カ所あり、更新時期を迎えたものや、外国人が多く訪れる観光地周辺のものから優先的に切り替える。東京都内では羽田空港や競技会場となる施設がある11市区の約3万5000カ所を、五輪開催までに交換する予定。

諸外国の一時停止が八角形なのに対し、日本だけは視認性の高さから逆三角形を採用している。また母国語表記のみのデザインを採用している国も多く、警察関係者は「日英併記にすることで訪日客をおもてなししたい」と話している。

大阪府内でもこの日、交換作業がスタート。観光客が多く訪れる大阪市北区の梅田スカイビル東側の三差路で、作業員らが真新しい標識を取り付けた。

道路標識に英語併記スタート、祇園などで舞妓らが㏚

増加する外国人観光客に対応するため「一時停止」と「徐行」の道路標識に英語を併記する取り組みが全国で始まった1日、京都府内でも府警など関係者がPRイベントを行った。

201707031222_1.jpg英語表記の新標識の登場に合わせ、外国人観光客に自転車の交通安全を㏚する舞妓(左)=京都市東山区

2020年東京五輪・パラリンピックの開催でさらに増加が見込まれる訪日外国人に対応する目的で今年4月、「道路標識、区画線および道路標示に関する命令(道路標識令)」を一部改正。一時停止を示す「止まれ」の文字の下には「STOP」と書かれ、徐行を示す標識にも「SLOW」と表記することになった。

設置から10年の更新時期を迎えるなどした標識から順次切り替えられるが、観光地など外国人が多く訪れる場所では、必要に応じて各都道府県の公安委員会の判断で交換できる。

府警によると、府内には徐行と一時停止の標識は計約2万枚ある。このうち一時停止の標識は、外国人観光客が多い京都市内から切り替え作業を行い、今年度中に約2千枚が新標識になる予定。徐行の標識も必要に応じて切り替えていく。

新標識が導入されたこの日、京都市東山区の花見小路通沿いで「STOP」と書かれた新標識の除幕を行った後、同通や祇園甲部歌舞練場前で、府警の警察官約15人と祇園甲部の舞妓(まいこ)、佳(か)つ花さん(18)が啓発活動を実施。自転車の外国人観光客らに新標識をPRしたり、基本的な自転車のルールが英語で記載されたポケットサイズのチラシを配布したりした。

オランダから観光でやってきたカーリン・シュホマンスさん(31)は「観光客には分かりやすく良くなったと思う。もっと多くのエリアに広まってほしい」と話していた。

あわせて読む

多言語対応

もっと見る
「多言語対応」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る 「交通」の記事をもっと見る

京都市

もっと見る
「京都市」の記事をもっと見る