Logo sec

ふなっしートレイン出発 新京成電鉄とコラボ

2017/07/03
201707031121_1.jpg得意のジャンプで「自分の電車」誕生を祝うふなっしー=新京成電鉄くぬぎ山車両基地(江田隆一撮影)

新京成電鉄(本社・千葉県鎌ケ谷市)に、船橋市の非公認キャラクターふなっしーのイラストでラッピングされた「ふなっしートレイン」が誕生した。1日から営業運転が始まり、これに先だって6月30日、松戸市串崎新田の同電鉄くぬぎ山車両基地で出発式が行われ、駅長姿のふなっしーが「発車」を合図した。

6両編成の8800形電車で、正面に「ふなっしーヘッドマーク」。昭和22年12月27日に新津田沼-薬園台間で走り始めた同電鉄の開業70周年と、ナシの妖精ふなっしーが、地上に降り立って5年になるのに合わせ祝うコラボ企画という。

出発式で「ときどき乗っている」と話し「隠れ新京成ファン」であることを“カミングアウト”。「子供たちが乗ってくれるとうれしいなっしー」と、得意のジャンプで、ふなっしートレイン登場の喜びを表現した。

ふなっしートレインの営業運転は9月30日まで。新京成線のほか、京成千葉線の千葉中央まで乗り入れる

あわせて読む

COOL JAPAN

もっと見る
「COOL JAPAN」の記事をもっと見る 「鉄道」の記事をもっと見る

千葉県

もっと見る
「千葉県」の記事をもっと見る

キャラクター

もっと見る
「キャラクター」の記事をもっと見る

新京成電鉄

もっと見る
「新京成電鉄」の記事をもっと見る